さくらインターネット、NoSQLデータベースのテストサービスを開始

2010年7月2日

サーバホスティング大手のさくらインターネットは、NoSQLデータベースの一種であるキーバリュー型データストア(KVS)を試験的に同社のサーバ上で提供する「KVSアルファテストサービス」を行うと、さくらインターネット研究所のブログで明らかにしました

KVSアルファテストサービス « さくらインターネット研究所

キーバリュー型データストアは、リレーショナルデータベースよりも単純な形式でデータを格納し、データ操作もシンプルなため、スケーラビリティや高速なアクセスを実現しやすく、クラウドの特徴を活かせるデータベースとして最近注目されています。

今回のアルファテストサービスでは、memcachedプロトコルを用いてさくらインターネット研究所が提供するキーバリュー型データストアを運用しているクラウドへアクセスし、利用する形態をとるようです。

KVSの中身はグリーが開発したFlare

キーバリュー型データストアにはApache FoundationのCassandraや、日本のえとらぼのkumofs、VMwareが主なスポンサーとなっているRedisなどさまざまなソフトウェアが存在していますが、今回のアルファテストサービスでは、グリーが開発しているFlareが採用されたようです。

さくらインターネット研究所 所長の鷲北賢氏が次のようにつぶやいていました。

@hirose31 kumofsです!と言いたかったのですが実はFlareです…。それぞれ一長一短あって迷ったのですが、安定度とCASの実装タイミングを鑑みFlareの採用となりました。less than a minute ago via TweetDeck

Flareは、オープンソースとして開発されている、memcached互換の分散キーバリュー型データストア。ストレージエンジンにはmixiのエンジニア 平林幹雄氏が開発したTokyo Cabinetが使われています。

クラウド上のキーバリュー型データストアは、Amazonクラウド上ではSimpleDBが、グーグルのGoogle App EngineではBigTableが、マイクロソフトのWindows AzureでもWindows Azure Storageが提供されており、主なクラウドでは標準的なサービスとなっています。

さくらインターネットでも今年度中にクラウドへ参入することを表明しています。今回のテストサービスは、それに向けたものなのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : NoSQL , クラウド



≫次の記事
グーグルがWebを高速化するために何をしているか
≪前の記事
SIerがコンサルにも利用可能、セキュリティ成熟度をベンチマークできる無料ツール。最新版をIPAが公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus