[速報]mixiが障害の経緯を発表。原因はお盆のアクセス急増ではなく、memcachedの異常終了

2010年8月12日

8月10日の17時20分頃から12日未明までの長時間にわたり、サービスが利用不能もしくは利用しにくい状況になっていた「mixi」。数度の断続的な復旧ののちに、本日12日午前1時50分頃には復旧が完了し、現時点で全面的に復旧しているようです。

『mixi』のアクセス障害のお詫び及び復旧に関するお知らせ « 株式会社ミクシィ

その障害の経緯について株式会社ミクシィの広報からプレスリリース「『mixi』のアクセス障害のお詫び及び復旧に関するお知らせ」として発表されました。

原因はアクセスの急増ではなかった

プレスリリースの中で、今回の障害の原因は以下のように説明されています。

『mixi』のデータベースへの負荷軽減のために導入しているデータキャッシュシステムが複数同時に異常終了したことに伴い、データベースへの負荷が急増したため『mixi』を閲覧しづらい状態となりました。

高負荷かつ特殊な状態でのみデータキャッシュシステムの異常終了が発生していたため、根本的な原因の究明に時間がかかることとなりました。

mixiはキャッシュシステムとしてオープンソースのmemcachedを利用しており、上記の「データキャッシュシステム」もmemcachedのことを指しているようです。

同社CTOの佐藤ニール氏は、Twitterで次のように原因をツイートしています。

二日とも複数台のmemcachedが連続して落ちました。コアは吐かずにストンと落ちるので、原因追及に時間がかかりましたが、memcachedへの接続数が異常に多いと落ちる事は再現できました。 #mixiless than a minute ago via Tween

mixiの障害の原因として「夏休みやお盆などでアクセスが急増したのでは?」などの推測が一部で流れていましたが、そうしたmixiへのアクセスが急増したためではなく、システム内のサーバ追加によるとのこと。

memcachedが大量の接続を受けると突然停止をするので、memcachedへの接続数を減らし安定運用中。外部からの過剰アクセスではなく、サーバ追加→クライアント数増加→停止。less than a minute ago via Tween

再発防止策として、以下のような施策を実行するとプレスリリースで説明されています。

1.データキャッシュシステムへの負荷を軽減する措置を施す
2.将来的に負荷が増加した場合に備え、問題が発生した際にもデータキャッシュシステムが異常終了せず処理を継続して高い堅牢性を保つ手法を調査する
3.データキャッシュシステムの障害が『mixi』のシステム全体に影響しないよう、影響範囲の局所化を検討、実施する

memcachedはmixiだけでなく多くの大規模サイトで使われている技術です。今回の障害の原因についてさらに分析をすすめて、共有できるような教訓があればぜひ公開していただきたいと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : memcached , オープンソース , システム運用



≫次の記事
Solaris 11は来年登場、SPARCは2年ごとに2倍の性能向上を約束。その陰でOpenSolarisは方針転換へ
≪前の記事
JavaScriptエンジンが改良されたIE9 Platform Preview 4公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus