来週JavaOneが開催。しかしJDK 7はこのまま行けば2012年中旬まで出ない、どうする?

2010年9月15日

オラクルでJava Platform GroupのChief Architectを務めるMark Reinhold氏が「(JDK 7の)テストや安定化などの計画された作業が完了しリリースできる現時点で最善の見積もりは、2012年の中旬頃だろう」と、自身のブログのエントリ「Re-thinking JDK 7」で明かしています。

Mark Reinhold’s Blog - Re-thinking JDK 7

JDK7について9カ月前に立てた計画では、今年の4月には機能追加が完了し、安定化作業に入る予定でした。しかし、オラクルによる買収で生じた統合作業が予想以上に時間がかかってしまったことで計画が遅れてしまったと説明しています。

このままだと完了は、2年後の2012年中旬

JDK7への多くの作業は完了、あるいは完了しつつある中で、残る大きな課題はProject LambdaとProject Jigsaw、そしてProject Coinに関するいくつかのようです。

The main outstanding items are the Lambda and Jigsaw Projects, along with a few of the Coin proposals.

Project Lambdaは、いわゆるクロージャ(closures)をJavaに組み込むためのプロジェクト。Project Jigsawは、現在モノリシックな構造になっているJDKをモジュラー構造にして機能的に分割しようとしています。Project Coinは、Java言語に対するいくつかの小さな変更を行います。

Reinhold氏は、これらすべてを反映するとすれば2012年中旬までJDK 7のリリースには時間がかかるが、それらを入れなければ1年前倒しでJDK 7をリリースできるだろうとしています。この2つが、Plan A、Plan Bとブログでは呼ばれています。

Plan A: JDK 7 (as currently defined) Mid 2012
Plan B: JDK 7 (minus Lambda, Jigsaw, and part of Coin) Mid 2011
  JDK 8 (Lambda, Jigsaw, the rest of Coin, ++) Late 2012

オラクル社内ではPlan Bに強く傾いていることを吐露した上で、もしもPlan Aを選ぶべき理由があれば教えてほしいとReinhold氏は書いています。

そしてこのエントリのコメント欄には「がっかりした」「どれだけ待たせるのか」という多くの読者からの書き込みがあり、Plan AとPlan Bの選択では、ごくわずかに(数えた範囲では3票)のPlan Aへの投票があるのみで、ほとんどはPlan Bを選択。多くのデベロッパーが、早く次のバージョンのJDKの登場することを願っているようです。

来週はオラクル買収後の初めてのJavaOne

来週、サンフランシスコで開催されるOracle OpenWorldと同時に、JavaOneも開催されます。オラクル買収後初めて、ジェームズ・ゴスリング氏がいなくなってしまったJavaOneです。

JDKのスケジュールが遅れ、またグーグルとの訴訟によりグーグル不参加という状況のJavaOneですが、どのようなビジョンや戦略が語られるのでしょうか。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Java , Oracle



≫次の記事
「低コストIT」が勢いづく。ガートナーが大胆な予測
≪前の記事
クラウド、NoSQLの実践手順が詳しい「みてわかるクラウドマガジン」Vol2。再び意表を突く表紙で登場

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus