Google App EngineがSQLデータベースをサポートへ。エンタープライズ向けサービスを拡充

2010年5月20日

グーグルは5月19日(現地時間)に米サンフランシスコで開催されたイベント「Google I/O」の基調講演で、エンタープライズ向けにフォーカスした「Google App Engine for Business」を発表しました。その内容を紹介しましょう(基調講演の内容は、記事「[速報]Google I/Oで発表された4つのポイント:VP8オープンソース化/Chrome Web Store/VMwareとの協業/Google App Engine for Business」をご覧ください)。

基調講演で最後の発表者として壇上に立ったのは、グーグルのKevin Gibbs氏。App Engineがエンタープライズに受け入れられるようにするためには、いくつかのバリアを乗り越えなければならないと語ります。

fig

エンタープライズのクラウドに求められているのは、簡単な管理、よりよいサポートと信頼性、そしてエンタープライズのアプリケーションに不可欠な機能(リレーショナルデータベースのこと)と、予測可能な価格。

fig

これらエンタープライズ向けの課題を解決するために、最初から開発された「Google App Engine for Business」の発表。「セキュリティポリシーなどを管理するコンソール」「プロフェッショナルサポート」「企業向きのSLA」「SQLデータベースのサポート」「分かりやすい価格」を提供する。

fig

SQLデータベースのサポートにより、開発者はスケールするデータストアか、もしくは標準のSQLデータベースか、どちらを利用するか選択できるようになった。

企業向けコンソールの例。登録されているアプリケーションごとに、どのセキュリティレベルで操作できるかを見ることができる。管理者に許可を得なければ、これを勝手に変えることはできない。

fig

新しい価格モデルも発表する。1人1月8ドル。そして1つのアプリケーションの上限は1000ドルまで。これ以外にかかる料金はなく、非常に分かりやすい料金体系にした。

fig

企業向けのコンソールはすでに提供を開始しているが、サポート、SLA、料金についてはまもなく実施する予定、SQLデータベースは現在開発中だ。ロードマップについては「Introducing App Engine for Business」のページでつねに公開しているので参照してほしい。

fig

どんなSQLデータベースがでてくるのか

この発表の目玉はなんといってもSQLデータベースの提供でしょう。どれほどのスケーラビリティがあるのか、性能はどうなっているのかについては触れられていません。グーグルのことですから、なにか凝った仕掛をしてくるのではないかと期待したいところです。 SQLデータベースが提供されることで、Google App Engine上でビジネスアプリケーションを作ってみようという開発者も増えることでしょう。

関連記事

グーグルはこの基調講演で、Google App Engineに関するVMwareとの協業によるSpringフレームワークとの統合も発表しています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google App Engine , リレーショナルデータベース



≫次の記事
グーグルとVMwareが、クラウドとオンプレミスのJava互換実行環境を実現。SpringとGWTの統合ツールも提供
≪前の記事
グーグルによるVP8のオープンソース化、アドビがFlashでサポート表明! モジラ、オペラもサポートへ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus