シスコからもマイクロブログの企業内コラボレーションツール登場、Cisco Quad

2010年6月16日

シスコから登場した企業内コラボレーションツール「Cisco Quad」(以下Quad)。この製品もまた、FacebookやTwitterのようなソーシャルネットワークをお手本にしたアプリケーションになっています。

Quadの画面はウィジェット構成、チャット機能も。つぶやきも可能

QuadのMyViewページを見てみましょう。上部にマイクロブログ的なつぶやき用の入力フィールドがあり、上半分がWatch List(ウォッチリスト)、下半分がActivities(アクティビティストリーム)。

ウォッチリストは、自分の上司のようなつねにウォッチしなければならない人の最新のつぶやきやアクティビティなどを表示し、アクティビティストリームはTwitterのタイムラインのようにフォローしている人のつぶやきやアクティビティを時系列で表示しているようです。

fig

QuadのMyViewページはウィジェットで構成されており、ほかのアプリケーションからの情報もウィジェットを使って表示可能。画面右のカレンダーは、Exchangeのカレンダーウィジェット。

画面右下のウィンドウはチャットウィンドウ。相手のプレゼンス(いまコンピュータに向かっていて連絡可能かどうか)も表示しています。また、この画面には表れていませんが、シスコが得意とするボイスメッセージとも統合されています。

Facebookのように自分のプロファイル画面があり、社内に自分の専門分野や知識、経歴などを知らせることができます。

fig

コミュニティの画面も設定でき、コミュニティメンバー同士の情報共有、ファイル共有にも使えるようです。

fig

グループウェアからマイクロブログへ

FacebookやTwitterを手本にした企業内コラボレーションツールは、セールスフォース・ドットコムがChatterを発表して先行、IBMもProject Vulcanを、マイクロソフトはOffice Talkを開発中です。また、SAPもSales OnDemandをFacebook for Businessというコンセプトで開発していると伝えられています。

いままで企業内コラボレーションといえばグループウェアと呼ばれるメッセージング、スケジューリング、ドキュメント共有、会議室といった機能を備えたものでした。それがこれからはFacebookやTwitterのようなマイクロブログ形式へと一気に変わろうとしています。これもコンシューマ製品からエンタープライズへと技術が流れ込んむ現在のトレンドの一面であることは間違いありません。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Cisco , Facebook , Twitter



≫次の記事
オレサマHTML5はごめんだ
≪前の記事
Rubyの実行速度をJITで最大20倍に高めたRubinius 1.0がリリース

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus