Terraformがノーコードに。HashiCorpが「Terraform Cloud ノーコードプロビジョニング」正式リリース

2023年5月1日

HashiCorpは、マルチクラウド対応のインフラ構成サービス「Terraform Cloud」をノーコードで設定、実行できる新機能「Terraform Cloud ノーコードプロビジョニング」を正式にリリースしたことを発表しました。

これまでTerraform Cloudでインフラを構成するには、スクリプト言語「HCL」(HashiCorp Configuration Language)を用いて構成を記述する必要がありました。

「Terraform Cloud ノーコードプロビジョニング」では、こうしたプログラミングやTerraformの専門的な知識がなくともインフラを構成することができます。

Terraform Cloud ノーコードプロビジョニングは、あらかじめ「No-Code Ready Module」を登録しておくことで利用可能になります。

No-Code Ready Moduleは、例えば開発チーム用にAWSにデータベースをプロビジョニングする機能など、ノーコードで提供したい機能をモジュール化したものです。

Terraform Cloud ノーコードプロビジョニングのユーザーは、自分や自分のチームの権限で利用できるモジュールを呼び出し、モジュールが設定しているカスタマイズ可能な部分の変数、例えばデプロイ先となるリージョンの選択やデータベースのパスワードなどをメニューから選択し、フィールドに値を入力することで、プログラミングなどをすることなく、簡単にTerraform経由でプロビジョニングが実行できるわけです。

fig

これにより、インフラチームはあらかじめ必要なモジュールを公開しておくことで、インフラの構成をユーザーがセルフサービスで安全で確実に実行できるようになります。

あわせて読みたい

DevOps クラウド ローコード/ノーコード開発 運用・監視 HashiCorp




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本