高速なPython互換言語「Mojo」を用いたAIプラットフォーム「MAX」発表。ModCon '23

2023年12月6日

高速なPython互換言語「Mojo」の開発元であるModular社は、同社として初のイベント「ModCon '23」を12月4日にサンフランシスコで開催しました。

基調講演では、AI処理を高速に実行するプラットフォーム「MAX」(Modular Accelerated Xecution (MAX) Platform)が発表されました。

fig

MAXはオンプレミスやクラウドにインストール可能なソフトウェアであり、AIの推論処理を高速に実行する「MAX Engine」、推論処理にアクセスするためのAPIなどのサービングシステムを提供する「MAX Serving」、そして高速な処理を実現するプログラミング言語である「Mojo」から構成されています。

MAX Engine
PyTorchやTensorFlowなど既存のAIフレームワークすべてに対応し、書き換えや変換をすることなくあらゆるハードウェア環境やクラウド環境で高速な推論処理を実行します。同社は従来の実行環境より5倍高速だとしています。

fig
fig

MAX Serving
MAX ServingはMAX Engineのためのサービングライブラリとして、TritonやTorchServeなど既存のサービングシステムとの完全な相互運用性を提供し、PythonやC++、Mojoによるアプリケーション開発のためのAPIを提供。Kubernetesなどコンテナ環境に簡単にデプロイ可能。

fig

Mojo
高速なPython互換言語のMojoでMAX全体が実現されています。

fig

MAXはAI処理をスケールさせる

現在、たとえ世界最大の企業の優秀な技術者集団であっても、生成AIの処理をスケールさせることが非常に困難になってきているという課題に直面していると。

fig

MAXはその課題を解決するソリューションを提供すると説明されました。

fig

MAXは非商用目的であれば無料で利用可能な「Developer Edition」と、商用目的で利用可能な有償の「Commercial Edition」が提供されます

またModular社はAWSと提携し、来年(2024年)第1四半期にはMAXをAWS Marketplaceで提供することも合わせて発表しました。

fig

さらに、MAXをGPU対応にすることで、さらに高速な処理を実現させる「MAX GPUs」も発表されました。

参考:高速なPython互換言語の「Mojo」、そのままGPUで実行可能に。「MAX GPUs」発表。ModCon '23

あわせて読みたい

プログラミング言語 機械学習・AI Python




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本