Webpackの後継となる新バンドルツール「Turbopack」が登場。Rust製のネイティブアプリケーションでWebpackの700倍高速に。Next.js Conf 2022

2022年10月27日

Reactベースのサーバサイドフレームワークとして知られるNext.jsの開発元のVercelは、日本時間10月25日深夜にイベント「Next.js Conf 2022」を開催。Next.jsの最新バージョンとなる「Next.js 13」と、Rust製の高速なバンドルツール「Turbopack」を発表しました

バンドルツールとは多数のJavaScriptやTypeScriptなどのコードを1つにまとめる機能を備えたツールです。多数のライブラリやコンポーネントなどを用いてチームで開発する大規模なWebアプリケーションの開発には欠かせません。

今回発表されたTurbopackは、代表的なバンドルツールの1つであるWebpackの開発者Tobias Koppers氏らがVercelに参加して開発したものです。同社はWebpackの後継がTurbopackであると説明しています。

Turbopackの特徴はRustで記述されたネイティブアプリケーションであることと、一度実行された内容は再利用される仕組みを備えていることなどで、これにより大規模なアプリケーションでも高速な起動と実行を実現します。

Next.js 13ではこのTurbopackが標準のバンドルツールとなります。

Next.js Conf 2022の基調講演から、Turbopackに関する説明が行われた部分をまとめました。

関連:Next.js 13登場、動的なWebサイトの実現を強化。複数ページでの動的データの共有や、ステートを維持した共通ナビゲーションの構築など容易に。Next.js Conf 2022

JavaScriptベースのツールは性能面での限界に直面した

VP of Developer Experience Lee Robinson氏。

Next.jsにおけるコンパイラインフラストラクチャの新しい始まりです。

fig

かつて2016年には、JavaScriptのためのツールをJavaScriptで書くことは自然なことでした。Babel、tercer、Webpackなどのツールはそうして作られました。

fig

しかしフロントエンドアプリケーションのサイズと複雑さの増加に対して、これらJavaScriptベースのツールによるコンパイルは性能面での限界に直面するようになります。

そこで私たちはRustベースのネイティブなツールへの移行を開始したことを前回のイベントでご紹介しました。まずBabelから移行し、トランスパイルの速度を17倍にしました。次に、tercerも置き換えることで、minificationが6倍速くなりました(新野注:Babelとtercerの移行先となったツールはSWC)。

fig

Webpackの後継となるTurbopackの登場

ではバンドルについてはどうでしょうか。バンドルツールのWebpackは30億回以上ダウンロードされており、ビルドに欠かせない存在です。しかしWebpackもBabelやtercerと同じように、ネイティブに全力を注ぐ時が来ました。

Webpackの開発者であるTobias Koppersは私たちVercelに加わり、次世代のバンドルツールを作るためにワールドクラスのエンジニアのチームを結成しました。このチームがWebpackの10年間の教訓と、TurborepoやGoogleのBazelから得た革新とを組み合わせることで、次の10年に耐えるアーキテクチャを開発したのです。

ここにTurbopackを発表します。Webpackの後継となるRustベースのツールです。

fig

大規模なアプリケーションでは、TurbopackはViteよりも10倍速く、Webpackの700倍も高速です。さらに大きなアプリケーションであれば、その差はさらに開くでしょう。

fig

このスピードアップは、コードの更新時だけでなく、ローカルで開発サーバーを立ち上げる際にも有効です。

例を見てみましょう。3000個のモジュールを持つ大規模なアプリケーションを扱う場合でも、Turbopackは1.8秒で起動します。Next.jsの以前のバージョンや他の一般的なツールよりも高速です。

fig

ローカルとクラウドの両方でビルドを強化していく

Turbopackの性能は、Rustで開発され、高度に最適化されたマシンコードと低レベルのインクリメンタルエンジンによるものです。Turbopackは一度実行したタスクは二度と実行しないのです。

Turbopackはまず、React Fast Refresh(新野注:実行中のアプリケーションでもコンポーネントを編集できる機能)を含むローカルでの開発体験に焦点を当てますが、最終的にはローカルとクラウドの両方でNext.jsのビルドを強化する予定です。

fig

Tuborepoと同様に、ローカルマシンだけでなく組織全体においてチーム内で既に実行された作業内容を共有できます。

ぜひNext.js 13にアップグレードして「next dev --turbo」を実行し、Turbopackのアルファ版をぜひお試しください。

fig
fig

Next.js Conf 2022

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ JavaScript / プログラミング言語 / React



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本