「SQLite3 WASM/JS」パブリックベータ公開。SQLite 3.40でサポート開始、WebブラウザなどでSQLiteが実行可能に

2022年11月21日

SQLiteの最新版となるバージョン3.40がリリースされました。本バージョンからSQLiteのソースコードがWebAssembly版の「SQLite3 WASM/JS」へのコンパイルをサポートし、配布される公式のバイナリにLinux版、Windows版、Mac OS X版、Android版などと共に「SQLite3 WASM/JS」が含まれるようになりました。

fig

SQLiteはオープンソースの代表的なリレーショナルデータベースの1つ。軽量かつコンパクトな実装で、クライアント/サーバ形式ではなくアプリケーションに組み込んで利用できる点が最大の特徴です。

先月(2022年10月)に予告なくSQLite3 WASM/JSのページが公式Webサイトで公開され、正式なサブプロジェクトとして開発が進められていることが明らかになっていました

ドキュメントによると、今回のSQLite 3.40のSQLite WASM/JSはパブリックベータとしてリリースされ、コミュニティーのフィードバックを待って3.41で暫定的にAPIが安定版となるとのこと。

These components were initially released for public beta with version 3.40 and will tentatively be made API-stable with the 3.41 release, pending community feedback.

これらのコンポーネントは、まずバージョン3.40でパブリックベータとしてリリースされ、コミュニティからのフィードバックを待って、3.41リリースで暫定的にAPIが安定版となる予定です。

ダウンロードページではSQLite3 WASM/JS版のコンパイル済みバイナリも公開されています。圧縮ファイルの中にはデモ用のWebページも含まれているため、Webサーバを用意して展開すれば、簡単にWebブラウザでSQLite 3 WASM/JSの実行を試せるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ RDB / WebAssembly / データベース / プログラミング言語 / SQLite



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本