NGINX開発者のIgor Sysoev氏が引退を発表。F5とNGINXから退任

2022年1月24日

世界中で最も使われているWebサーバの1つ「NGINX」のオリジナル開発者であり、NGINX社の協同創業者でもあるIgor Sysoev氏が、F5とNGINXから離れることが発表されました。

Sysoev氏は今後、家族との時間や個人的なプロジェクトを進めるとのことです。

F5社のブログ「Do Svidaniya, Igor, and Thank You for NGINX」から引用します。ちなみにタイトルの「Do Svidaniya」はロシア語でのお別れの言葉。

With profound appreciation and gratitude, we announce today that Igor Sysoev – author of NGINX and co‑founder of NGINX, Inc. – has chosen to step back from NGINX and F5 in order to spend more time with his friends and family and to pursue personal projects.

NGINXの作者でありNGINX, Inc.の共同設立者であるIgor Sysoevが、友人や家族との時間を大切にし、個人的なプロジェクトを進めるため、NGINXとF5から離れることを深い感謝とお礼を込めて本日発表します。

オープンソース版Nginxの公式サイトであるNginx.orgのWebサイトにも、「Congratulations, Igor, on your retirement!」(Igor、引退おめでとう!)とメッセージが掲げられています。

初めて手にしたヤマハのMSXマシンでプログラミング

Igor Sysoev氏は1970年にカザフスタン生まれ、15歳のときにヤマハのMSXマシンを手に入れたのがプログラミングを始めるきっかけとなりました。

fig 2014年に来日したときのIgor Sysoev氏

2000年頃、Apache Web Serverの同時接続能力などの課題を知り、より軽量かつ容易なWebサーバとしてNGINXの開発を2002年に開始します。

2011年、NGINXの開発を加速するためにMaxim Konovalov氏とともにNGINX Inc.を設立。2013年に商用製品として「Nginx Plus」を発売しました。

2014年には日本Nginxユーザ会の発足に合わせて来日しています。

2019年2月には東京にオフィスを開設し、日本に本格参入することを発表。その1カ月後の2019年3月にはF5 Networksによる買収が発表されました。

買収後のSysoev氏は、F5のシニアアーキテクトとしてNGINXに関わってきましたが、あまり表舞台に出ることはなくなっていました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Web技術 / Nginx / オープンソース



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本