Ruby 3.0.0RC1が登場、型の記述や静的型推論ツールなど新機能。12月25日の正式リリースに向け

2020年12月23日

Ruby開発チームは、7年ぶりのメジャーバージョンアップとなるRuby 3のリリース候補版「Ruby 3.0.0RC1」を公開しました

fig

Ruby 3では、型の記述や静的型推論ツール、並列処理などの新たな機能が追加されます。

型の記述では、型情報を記述するための「RBS言語」が用意されるようになりました。このRBSで型情報のコードを記述しておくことで、Rubyのコード中のクラスやモジュールに対して型情報を与えることができるようになります。

静的型推論ツールとしてバンドルされる予定なのがTypeProfです。Rubyのコードをこのツールに入力すると、推論の結果としてRBSで記述された型情報のコードが出力されます。

これによりRubyコード内のバグを発見する助けになるほか、出力されたRBSコードをそのまま、あるいは改変して型情報を与えるためのRBSコードとして用いることなども可能です。

ただしまだTypeProfは実験的な段階であり、現時点で完成度はあまり高くないとのことです。

スレッドセーフな並列処理を実現する制御機構として入るのが「Ractor」です。複数のRactorを作成すると、スレッドセーフな状態で並列に実行されます。

Ractor間のコミュニケーションはメッセージの送受信により可能ですが、Ractor間でのオブジェクトの共有を制限するために、複数Ractorでの実行時には、いくつかのRubyの機能に制限が入ります。

Ractorの仕様と実装は、まだ発展途上であるため、実験的機能として提供される予定です。

このほか、JITコンパイラにも多数の改善が行われたことで性能向上も果たしています。

Rubyは毎年12月25日にバージョンアップ版が登場しています。今年も12月25日にはRuby 3.0正式版が登場するのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / Ruby



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本