「AWS App2Container」リリース。Javaや.NETアプリを自動的にコンテナ化してくれるコマンドラインツール

2020年7月2日

Amazon Web Services(AWS)は、Javaや.NETアプリケーションをコンテナ化してくれるコマンドラインツール「AWS App2Container」をリリースしました

クラウドを中心にコンテナ環境が充実している中で、既存のアプリケーションをコンテナ化してクラウドなどのコンテナ環境へデプロイしたい、という要望が出てくるようになりました。

通常、アプリケーションをコンテナ化するにはコンテナのビルド環境を整えることや、Dockerファイルを記述する、といった手間がかかります。

今回リリースされたAWS App2Containerは、こうした手間を省き、コマンドラインから簡単に既存のアプリケーションをコンテナ化してくれるツールです。

App2Containerは自動的にサーバ上のアプリケーションや依存関係を探索し、Dockerファイル、コンテナイメージ、Kubernetes用のYAMLファイル、Amazon ECSやEKSにデプロイするためのClouFormationのテンプレートなどを生成してくれます。

対応するアプリケーションは、.NET 3.5以上でIIS7.5以上で実行されるASP.NET製Webアプリケーションと、スタンドアロンのJBoss、Apache Tomcatで実行されるLinux版のJavaアプリケーションおよびSpringBoot、IBM WebSphere、Oracle WebLogicなどで実行可能なJavaアプリケーション。

またApp2Containerの実行にはAWS Command Line Interface 1.14以上、Docker関連ツール、そしてASP.NET用にはPowerShell 5.0以上が必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本