VMware CloudでAmazon S3互換オブジェクトストレージを実現する拡張機能を発表。VMwareとCloudianが共同開発

2019年6月21日

VMwareは、VMware Cloudプロバイダ向けにAmazon S3互換のオブジェクトストレージを実現する拡張機能を発表しました

この機能はvCloud Directorにオブジェクトストレージのマネジメントフレームワークを追加する「VMware vCloud Director Object Storage Extension」と、実際のオブジェクトストレージ機能を提供する「Cloudian Object Storage」の2つから構成されます。

名称から分かるとおり、このソリューションはVMwareとCloudianが共同で開発したもの。Cloudianは以前からAmazon S3互換のオブジェクトストレージ製品を提供するベンダとして知られています。

fig

オブジェクトストレージの実装方法としては、Cloudianのソフトウェアを用いる方法もしくはアプライアンスを用いる方法の2つがあります。

fig

いずれもvCloud Directorから管理でき、VMware Cloudプロバイダは顧客に対してマルチテナントのAmazon S3互換オブジェクトストレージを提供できるようになります。

またこのオブジェクトストレージ機能を利用して、VMware Cloudプロバイダはバックアップサービスやアーカイブサービスなど新たなストレージサービスを開発することも可能とされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本