Microsoft Azure、物理サーバを専有する「Azue Dedicated Host」プレビュー発表

2019年8月5日

マイクロソフトは、同社のクラウドサービスであるMicrosoft Azureで物理サーバを専有して利用できる仮想マシン「Azure Dedicated Host」のプレビュー版を発表しました

fig

Azure Dedicated Hostは仮想マシンとして提供されるものの、ホストマシンとしての物理サーバをほかのユーザーと共有せず専有して利用するため、コンプライアンス上ほかのユーザーと物理的に分離されたサーバでデータを保存し処理することを求めるユーザーや、データベースサーバのように物理サーバのプロセッサやメモリ、I/Oなどの能力を最大限利用したいと考えるユーザーなどに適しています。

ホストマシンとして、40物理コアの「Type1」で256GBメモリもしくは448GBメモリ、48物理コアで144GBメモリのいずれかを選択し、この上でさまざまな構成の仮想マシンを多数起動できるようになっています。

仮想マシンとしてはWindowsかLinux、SQL Serverの3種類が選択可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本