Kubernetesの基本から運用まで解説したO'Reillyの書籍「Cloud Native DevOps With Kubernetes」PDF版、NGINXが無料配布中

2019年2月25日

O'Reillyが3月21日に発売予定の書籍「Cloud Native DevOps With Kubernetes」のPDF版が、NGINXによって無料で配布されています。

取得するにはNGINXの特設ページへ行き、氏名や連絡先を入力する必要があります。

fig

本書はまだ発売されておらず、Amazon.comやAmazon.co.jpで書籍の予約が始まったところです。Amazon.comではペーパーバック版が約61ドル、Amazon.co.jpでは8950円の値段が設定されています。

そんな書籍をNGINXが無料で配布しているのですから、書籍の抜粋だったり宣伝色の強いホワイトペーパー的なものなのではないかと怪しむ気持ちをもちつつ実際にNGINXのページからPDFを取得してみました。

ざっと見たところ、書籍のダイジェスト版や一部のみ収録といったものではなく、300ページ以上ある書籍の全文が収録されているようでした(ただし冒頭にNGINXの広告が1ページとNGINXによる前文が追加されています)。

内容もNGINXの宣伝というわけではなく、もちろん一般的なWebサーバの例などとしてNGINXの名前は本文中に出てきますが、とりわけ強調されているわけではありません。著者の2人、Justin Domingus氏とJohn Arundel氏のプロフィールを見ても、NGINXの社員や関係者というわけでもないようです。

つまり本書は一般的なKubernetesの解説書として執筆され、出版される予定のO'Reillyの書籍がそのまま配布されているようです。

NGINXはこれまで、あまり自社製品の宣伝文句の中でマイクロサービスやKubernetesを関連付けてきませんでした。その疑問を同社のCEOであるGus Robertson氏とCTOであるIgor Sysoev氏が2月に来日したときにぶつけてみたところ、現在サービスメッシュ関連の新戦略を準備中で、これから明らかにしていくので楽しみにしていてほしいと、Publickeyに答えてくれています

本書のPDF版を無料配布する背景には、同社がこれから本格的に自社製品をKubernetesやマイクロサービス、DevOpsといった文脈と積極的に結びつけていこうとする戦略があるのでしょう。

Kubernetesの基本から運用ノウハウまで詰まった一冊

本書のタイトル「Cloud Native DevOps With Kubernetes」からはDevOpsの実践書のようにも見えますが、DevOpsの解説よりもKubernetesによるコンテナクラスタの展開と運用に関する内容がそのほとんどを占めています。

以下に引用する前文にあるように、Kubernetesについては基本的なことから説明されており、初学者でも読み進められるようになっています。

This book is most directly relevant to IT operations staff responsible for servers, applications, and services, and developers responsible for either building new cloud native services, or migrating existing applications to Kubernetes and cloud. We assume no prior knowledge of Kubernetes or containers—don’t worry, we’ll walk you through all that.

本書が対象としている読者はIT部門でサーバやアプリケーション、サービスなどの運用を担当するスタッフおよび新規にクラウドネイティブサービスを構築する人や既存のアプリケーションをKubernetesおよびクラウドへ移行する人たちです。事前にKuberenetesやコンテナの知識は必要なく、最初から説明するので心配は不要です。

Experienced Kubernetes users should still find much valuable material in the book: it covers advanced topics such as RBAC, continuous deployment, secrets management, and observability. Whatever your level of expertise, we hope you’ll find something useful in these pages.

経験豊富なKubernetesユーザーも、本書ではRBAC、継続的デプロイ、シークレットの管理、オブザーバビリティなどの内容を網羅しているため、多くの重要な発見があるはずです。あなたがどのようなレベルの専門家であっても、この中にきっと有用な情報が見つかるでしょう。

以下、かなり長いですが本書の目次を引用します。基本的な内容から始まって専門的な内容まで含まれていることが分かるでしょう。

1. Revolution in the cloud

2. First steps with Kubernetes
Running your first container
The demo application
Building a container
Container registries
Hello, Kubernetes
Minikube
Summary

3. Getting Kubernetes
Cluster architecture
The costs of self-hosting Kubernetes
Managed Kubernetes services
Turnkey Kubernetes solutions
Kubernetes installers
Buy or build: our recommendations
Clusterless container services
Summary

4. Working with Kubernetes objects
Deployments
Pods
ReplicaSets
Maintaining desired state
The Kubernetes scheduler
Resource manifests in YAML format
Helm: a Kubernetes package manager
Summary

5. Managing resources
Understanding resources
Managing the container lifecycle
Using namespaces
Optimizing cluster costs
Summary

6. Operating clusters
Cluster sizing and scaling
Conformance checking
Validation and auditing
Chaos testing
Summary

7. Kubernetes power tools
Mastering kubectl
Working with resources
Working with containers
Contexts and namespaces
Kubernetes shells and tools
Building your own Kubernetes tools
Summary

8. Running containers
Containers and Pods
Container manifests
Container security
Volumes
Restart policies
Summary

9. Managing Pods
Labels
Node affinities
Pod affinities and anti-affinities
Taints and tolerations
Pod controllers
Ingress resources
Istio
Envoy
Summary

10. Configuration and secrets
ConfigMaps
Kubernetes Secrets
Secrets management strategies
Encrypting secrets with Sops
Summary

11. Security and backups
Access control and permissions
Security scanning
Backups
Monitoring cluster status
Further reading
Summary

12. Deploying Kubernetes applications
Building manifests with Helm
Deploying Helm charts
Managing multiple charts with Helmfile
Advanced manifest management tools
Summary

13. Development workflow
Development tools
Deployment strategies
Handling migrations with Helm
Summary

14. Continuous deployment in Kubernetes
What is continuous deployment?
Which CD tool should I use?
CD components
A CD pipeline with Cloud Build
Summary

15. Observability and monitoring
What is observability?
The observability pipeline
Monitoring in Kubernetes
Summary

16. Metrics in Kubernetes
What are metrics, really?
Choosing good metrics
Analyzing metrics
Graphing metrics with dashboards
Alerting on metrics
Metrics tools and services
Summary

17. Afterword
Where to go next
Welcome aboard

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本