IBM、WatsonをKubernetes対応にした「Watson Anywhere」発表。オンプレミスでもクラウドでもWatsonを実行可能に。IBM Think 2019

2019年2月13日


IBMはAI機能を提供するWatsonをKubernetes対応にし、オンプレミスやクラウドなど任意の環境で実行可能にした「Watson Anywhere」を、サンフランシスコで開催中のイベント「IBM Think 2019」で発表しました

Watson Anywhereは、同社のソフトウェア「IBM Cloud Private for Data」を実行環境とします。

IBM Cloud Private for Dataとは、企業向けのKubernetes環境およびデータ統合環境を実現するプラットフォームです。クラスタ化されたコンテナの実行環境であるKubernetes環境を備え、さらに複数のデータソースと接続したうえでカタログ化などを行うことでKubernetes環境からさまざまなデータソースへの接続を可能にします。

これによりセンシティブなデータや移動が困難な大規模なデータを移動する必要なく、オンプレミスやパブリッククラウドなどの任意の場所でWatson Anywhereを実行、データと接続して分析や利用などが可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
IBM Think 2019の基調講演にRed Hat CEOのジム・ホワイトハースト氏が登壇、IBMとのシナジーを語る。IBM Think 2019

≪前の記事
マイクロサービス、Infra as Code、CI/CD、GitOpsなどクラウドネイティブの要素を盛り込んだ「showKs」、開発の舞台裏とは?[PR]


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig