マイクロソフト、WindowsアプリのWebViewとしてEdgeレンダリングエンジンを利用可能に。Windowsでもガワネイティブアプリが広まるか

2018年3月12日

マイクロソフトは、Microsoft EdgeのレンダリングエンジンをWebViewとしてWin32、WPF、Windows Formsのいずれのアプリケーションでも利用可能になると、3月7日に米国で開催したイベント「Windows Developer Day March 2018」において明らかにしました

EdgeレンダリングエンジンのWebView EdgeレンダリングエンジンのWebViewを発表するWindows Developer Platform担当バイスプレジデント Kevin Gallo氏

WebViewを用いることで、HTMLやJavaScriptなどのWeb技術を用いてWindowsアプリケーション全体あるいは一部を開発できるようになります。できあがったアプリケーションは、通常のWindows用ネイティブアプリケーションと同様に配布、実行できます。

こうした、Webアプリをネイティブアプリケーションでラップしたアプリケーションは、外側だけがネイティブな、いわゆる「ガワネイティブアプリケーション」と呼ばれています。ガワネイティブアプリはHTMLやCSS、JavaScriptなどを用いるためWeb開発者にとって開発が容易で、しかもマルチプラットフォーム展開もしやすいなどの利点があるため、モバイルアプリケーションなどでよく見られる形式でした。

マイクロソフトのWindows Developer Platform担当バイスプレジデント Kevin Gallo氏は、EdgeレンダリングエンジンがWebViewとして利用可能になることで、最新のECMAScriptやFlexbox、WebRTCなどのWeb技術をWindowsアプリケーションでも利用可能になると説明。

さらにこのWebViewは独立したプロセスとして動作するため、堅牢なアプリケーションが開発できるとしました。

EdgeのレンダリングエンジンによるWebViewは、来月にも登場予定のWindows 10の大型アップデートに対応したSDKで利用可能になる予定です。

今後、Windowsアプリにでガワネイティブが広まるでしょうか。


Windows Developer Day 2018 March

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Windows / プログラミング言語 / Microsoft / Microsoft Edge



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本