[速報].NET Coreがデスクトップアプリケーション対応。Windows Forms/WPF/UI XAML Libraryもオープンソース化。Microsoft Connect(); 2018

2018年12月5日

マイクロソフトは開発者向けイベントMicrosoft Connect(); 2018を開催。基調講演で、.NET Core 3.0のリリースと、Windows Formsなど新たなソフトウェアのオープンソース化を発表しました。

.NET Frameworkをベースにオープンソース化された.NET Coreは、これまでサーバアプリケーション用のフレームワークでした。

今回リリースが発表された.NET Core 3では、デスクトップアプリケーションの開発にも対応します。

また、サーバサイドでもコンポーザブルUIと呼ばれる機能が追加され、C#だけで洗練されたWebのシングルページアプリケーションが開発できるようになります。

fig3

これにあわせて、主要な Windows UX用のフレームワークであるWindows Forms、Windows Presentation Foundation(WPF)、WIndows UI XAML Libraryのオープンソース化が発表されました。

fig4

参考:Announcing .NET Core 3 Preview 1 and Open Sourcing Windows Desktop Frameworks - .NET Blog

Microsoft Connect(); 2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本