jQuery MobileとjQuery UI、停滞を打破するため開発体制を刷新。以前より簡単にコントリビュート可能に

2018年1月5日


HTMLやJavaScriptなどのWeb標準技術でモバイルアプリケーション開発を可能にするJavaScriptライブラリ「jQuery Mobile」は、2014年9月に公開されたjQuery Mobile 1.4.4を最後に、3年ものあいだアップデートが止まっています。

また、Webアプリケーションにメニューやボタン、タブ、スライダーといったさまざまなユーザーインターフェイスを提供するウィジェットライブラリ「jQuery UI」も、2016年9月を最後に1年以上アップデートが止まっています。

こうした停滞を打破するために、jQuery MobileとjQuery UIの開発体制が刷新されたことが、2017年12月21日付けでjQuery Mobileのブログに投稿された記事「The Future of jQuery UI and jQuery Mobile」で発表されました。

jQuery UIとjQuery Mobileの開発体制変更のお知らせ

jQuery MobileとjQuery UIのチームを1つに

記事では、これまでの停滞はさまざまな要因による人員やリソースの不足に起因したものだと状況が説明されます。

The projects have suffered from lack of resources and funding and loss of contributors due to a variety of factors. These combined factors have nearly stopped development on both projects.

要因はさまざまであるが、プロジェクトはリソースや基金、コントリビュータなどを失ったことに悩まされてきた。これらが組み合わさった結果、どちらのプロジェクトも開発がほぼ止まっていた。

そこで限られたリソースを有効活用し、コントリビュータを増やしてjQuery MobileとjQuery UIのプロジェクトを再活性化するため、開発体制が刷新されることが発表されました。

その1つめは、2つのチームをAlex Schmitz氏の下で1つにまとめるということ。

In an attempt to best utilize resources we have decided to combine the 2 teams into a single team under the leadership of Alex Schmitz, a long time jQuery UI contributor as well as the lead for jQuery Mobile.

リソースをもっとも適切に活用するため、2つのチームをAlex Schmitzの下で1つにまとめることにした。彼はながいあいだjQuery UIのコントリビュータであると同時に、Query Mobileのリーダーでもあった。

jQuery Mobileはタッチ操作に最適化されたさまざまなユーザーインターフェイスを内蔵しており、一方でjQuery UIもさまざまなユーザーインターフェイスのためのウィジェットを提供するライブラリです。両者には重複するような領域が多くあるため、2つのチームをまとめることで効率が高まる効果があるとのことです。

ただし、チームは1つであってもjQuery MobileとjQuery UIは引き続き別のプロジェクトとして、それぞれのリポジトリを維持するとのこと。

コミュニケーションチャネルはIRCからSlackへ

ふたつめの刷新は、コントリビュータがプロジェクトの一部にだけ貢献することを許容するというもの。

コントリビュータに対してプロジェクト全体に対する貢献を期待していた、という点を改め、特定の機能やウィジェットにだけ貢献する ことも受け入れるようにすると。

So, if someone is just interested in working on sortable they could just lead the sortable widget without having to contribute to any other parts of the two libraries.

もしだれかがソートテーブルへの貢献に興味があるのなら、ライブラリのほかの部分への貢献はなくとも、そのウィジェットだけの貢献をできるようにする。

そして3つ目は、コントリビュータのコミュニケーション手段としてこれまで使っていたIRCをやめてSlackにしたこと。Slackにチャンネルが用意され、多くのコントリビュータがふだん使っているツールでコミュニケーションできるようになったとのことです。

jQueryをベースとしたjQuery MobileやjQuery UIは、一時期とても勢いのあるライブラリでした。しかしここ数年、モバイルアプリケーションのトレンドはネイティブアプリケーション開発にあり、Web標準も速いペースで進化してきた中で、開発が止まったjQuery MobileやjQuery UIは取り残され、存在感がすっかり失われてしまったと言っていいでしょう。

開発体制の刷新によってjQuery MobileとjQuery UIがその存在感を再び取り戻し、多くの開発者を支援するライブラリとしてもう一度充実していくことを期待したいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
サーバレスでスケーラブルかつ堅牢なシステムを構築するためのデザインパターンとアーキテクチャ。Serverlessconf Tokyo 2017

≪前の記事
マイクロソフト、CPUの脆弱性対策でAzureの計画メンテを前倒し、全リージョンの仮想マシンを今朝から強制再起動。Googleは対策済みと発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig