AWSのロゴが変わった? アトラシアンもロゴが変わった![小ネタ]

2017年9月12日

Amazon Web Servicesのロゴが変わったようです(正式なロゴ変更の確認が取れました。追記参照)。

まだオフィシャルな発表はありませんが、Webサイトの左上にあるロゴが、従来のコンテナを積み上げたようなロゴから、Amazon.comのロゴからインスパイヤされたようなロゴに変わっています。

AWS Logo 左が従来のロゴ、右が新ロゴと見られる、現在Webサイトに表示されているロゴ

日本語版のWebサイトだけでなく英語版のWebサイトでも同様なので、グローバルにロゴが新しくなったのではないかとみられます。現在、AWS日本法人の広報に確認しています(夜9時ごろにメールしたので返事がくるのは13日になると思われます)。

2017/9/14追記:AWS広報から返事をいただき、AWSのロゴ変更は正式なものであることの確認が取れました。ロゴ変更にあたっての発表などは特にないそうです。

AWS Web Site

アトラシアンはロゴの変更を正式発表

一方、オフィシャルにロゴの変更が発表されたのは、新サービス「Stride」が発表されて話題になっているアトラシアンです。

Atlassian Logo上が従来のロゴ、下が新しいアトラシアンのロゴ

アトラシアンの共同創業者兼Co-CEOマイク・キャノン-ブルックス氏によるブログ「私たちの新しい力強いブランド」では新ロゴを次のように表現しています。

新しいアトラシアンのロゴでは、チームにまつわる大切なシンボル化にお気付きになることと思います─2人がハイタッチしている様子、チームが登ろうとしている山、互いに補強し合っている2本の柱で作る文字「A」

アトラシアンは企業ロゴの変更に合わせてサービスのロゴもすべて変更しています。AWSの方はどうでしょうか。たぶん、サービスロゴまでは変えない気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド / Atlassian



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本