React Native用の統合開発環境「Deco IDE」、オープンソースで公開

2016年6月1日

React」は、2013年にFacebookがオープンソースとして公開したJavaScriptフレームワーク。仮想DOMなどの手法を用いてユーザーインターフェイスの開発を効率的に行えるのが特長です。

そのReactと同じ書き方のJavaScriptでiOSやAndroidに対応したモバイルアプリケーションを開発できるのが「React Native」です。

Deco IDE」は、React Native用の統合開発環境としてDeco Softwareが開発したもの。オープンソースとして公開されました。

fig

DecoはMac OS X用のソフトウェア(Xcodeのインストールが必要)。iOSシミュレータを内蔵し、iPhone 6s/6s Plus、iPad Pro、iPad Airなどでの見え方を確認できます。

Deco Componentsと呼ばれるコンポーネントをプログラムの中に組み込むことができ、ユーザーインターフェイスを組み立てるようにコードを書くことができます。

画面右のプロパティの値を変更すると自動的に変更内容がコードに反映され、シミュレータの画面にも変更されたレイアウトがすぐ反映されるため、画面レイアウトなどを試行錯誤しやすい仕組みになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本