OpenStackをマネージドサービスで提供する「Managed Private Openstack as a Service」のグローバル展開に向けて、NTTコミュニケーションズとミランティスが協業を発表

2016年10月21日

企業向けのクラウドサービスを国内外で展開するNTTコミュニケーションズ(NTT Com)と、OpenStack専業のシステムインテグレータとして知られるミランティスは、「Managed Private OpenStack as a service」の提供に向けた協業を発表しました

fig

具体的なサービスとしては、NTT Comが展開するクラウドサービス「Enterprise Cloud」のベアメタルサーバーなどで、ミランティスのマネージドサービスを付加したOpenStackである「Mirantis Managed OpenStack」を利用できる環境が、2016年度中に提供される見通し。

利用者はこの「Managed Private OpenStack as a service」をプライベートクラウドとして利用可能。自社でのマシン調達やセットアップなどの構築の手間や、セキュリティパッチやバージョンアップ対応、障害対応といっった運用の手間から解放されることになります。

ミランティスは、マネージドサービスのOpenStackである「Mirantis Managed OpenStack」を99.99%のSLAで提供。

NTT Comはグローバルに展開する同社の主要なデータセンターを10Gbpsの広域ネットワークで接続するサービスも提供しているため、この「Managed Private OpenStack as a service」もグローバルかつシームレスに展開可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本