マイクロソフト、無料のツール「DevOps Workbench Express Edition」β版を公開。Windowsサーバへのデプロイを自動化

2013年9月12日

DevOpsの実践では、開発から運用までをツールを使って自動化することが重要です(ツールだけではなく協力するカルチャーもDevOpsの大事な要素ですが)。米マイクロソフトは、Windowsアプリケーションのデプロイを自動化する無料のツール「DevOps Workbench Express Editionβ版の公開を開始しました

fig

DevOps Workbench Express Editionは、小規模な組織を想定したデプロイツールで、1台のWindowsサーバをターゲットとしたデプロイの自動化を実現します。

環境を自動チェックしデプロイ作業を自動化

DevOps Workbench Express Editionの画面左のテンプレート一覧を見ると、このツールで何ができるのかが分かります。

fig

例えば、デプロイの前に確認しておきたいOSのバージョン、当たっているホットフィックスの種類などをチェックできますし、インストールされている.NET FrameworkのバージョンやSQL Serverなどのミドルウェアの有無なども判別可能。ターゲットサーバへのファイルのコピーや削除もできます。特定のサービスの起動や停止、コンソールからコマンドを実行したりPowerShellを実行することももちろん可能です。

こうしたデプロイ環境をチェックしたり整えたうえで、Visual Studioなどで開発されたビルドをTeam Foundation Serverなどに接続して取得し、デプロイが可能です。

デプロイも.NETアプリケーションのデプロイ、Windows Azureへのデプロイ、SQL Packageのデプロイなど、あらかじめ何種類ものデプロイパターンが用意されています。

また全体のデプロイシーケンスをフローチャート式に定義することも可能です。

fig

DevOps Workbench Express Editionを解説した動画「Introducing Deployment Workbench Express Edition」によると、ターゲットとなるサーバにエージェントなどをインストールする必要はないとのこと。

DevOpw Workbench Express Editionの動作環境はWindows 7/8/2008/2008 R2/2012。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ DevOps / 運用・監視 / 開発ツール / Microsoft



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本