ザッカーバーグ氏、スポルスキー氏、三木谷氏ら豪華講師陣によるY Combinator/スタンフォードの「2012 Startups School」開催。動画公開中

2012年10月25日

成功したスタートアップ企業の経営者を招いて、その経験などを聞くイベント「2012 Startup School」が10月20日にスタンフォード大学で開催されました。

2012 Startup School

講師として登壇したのはFacebookのMark Zuckerberg氏、PinterestのBen Silbermann氏、Stack ExchangeのJoel Spolsky氏、GitHubのTom Preston-Werner氏など11人。楽天の三木谷浩史氏も登壇し、日本での起業などについて流ちょうな英語を披露していました。

その講演の動画が無料で公開されており、誰でもその内容を見ることができます。主な講演をざっと見たので、以下に紹介しましょう。

Facebookファウンダー、Mark Zuckerberg氏

fig

Facebookの成功にとって一番大事なものは?
急速にスケールするシステムをどう作り上げていくか。

Pinterestファウンダー、Ben Silvermann氏

fig

Googleで、エンジニアではなくてテクニカルサポートをしていた。
なにかにコミットするということはとても大事。
スマートフォンが登場し、使っているうちに課題を見つけた。

GitHubファウンダー、Tom Preston-Werner氏

fig

どうやって私はアントレプレナーとしてGitHubを成長させたのか?
唯一大事なのは人々だ。
唯一大事なのは製品だ。
唯一大事なのはフィロソフィーだ。

楽天ファウンダー、三木谷浩史氏

fig

楽天を立ち上げたときの話
日本でスタートアップを立ち上げるのはシリコンバレーとどう違う?
買収した会社をどのように楽天に統合していっているのか?

StackExchangeファウンダー、Joel Spolsky氏

fig

急速な成長とオーガニックな成長、どちらを選ぶ?
決断に失敗することで失われるもの

Spolsky氏のこのスライド、とても印象に残りました。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本