Bash on Windows/Windows Subsystem for Linuxがベータ版を卒業、正式版に。今秋のWindows 10 Fall Creators Updateで

2017年7月31日

Windows 10でLinux互換機能を提供するWindows Subsystem for Linux(WSL)が、この秋に提供予定のWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」で正式版になることが発表されました。現在はベータ版として提供されています。

一般ユーザーに先行して新しいアップデートを適用するWindows Insderプログラムのユーザーは、「Insider build 16251」から正式版になることも告知されています。

ただし正式版になったことで起こる目に見える変化は、以下のダイアログから「Beta」の文字がなくなったことだそうです。

Windows Subsystem for Linuxの設定画面

WindowsにLinux互換機能を提供するWindows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linuxは、Windows上でLinuxのBashを利用可能にする「Bash on Windows」の基盤にもなっているソフトウェア。

WindowsのNTカーネルでLinuxカーネルをエミュレーションするためのレイヤを提供し、WindowsでLinux互換機能を実現。このレイヤの上で本物のUbuntuとBashなどが稼働し、Linuxアプリケーションを実行可能にする環境が構築されます。

Windows Subsystem for Linuxは1MBに満たない小さなコードでできていると説明されています。

Windows Subsystem for Linuxのアーキテクチャ

当初、Windows Subsystem for LinuxでサポートしているLinuxディストリビューションはUbuntuのみでしたが、2017年5月にはUbuntuに加えてFedoraとOpenSUSEに対応が広がっています。

また実行可能なアプリケーションはNode.js、Python、Rubyなどに加えJavaなど、Linuxの互換性が高まるにつれて増えています。今後OpenCLのサポートによりTensorFlowなども実行可能にするとのこと。

Windows ServerにもWindows Subsystem for Linux搭載

2017年5月にはWindows ServerにもWindows Subsystem for Linuxが搭載されると発表されているため、今後はWindows 10とWindows Serverの両方がLinux互換機能を備えることになっていきます。

Windows Subsystem for Linuxが正式版になったことはWindowsがLinux互換機能を正式に備え、サポート対象になったことを意味します。マイクロソフトはWindowsを、WindowsだけでなくWindowsとLinuxのどちらのバイナリであっても開発、実行できるプラットフォームへするべく本気で前進しているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Linux , Windows



≫次の記事
マイクロソフト、Kubernetesの開発などをホストする「Cloud Native Computing Foundation」に最高位のプラチナメンバーとして加盟
≪前の記事
マイクロソフト、秒速でコンテナを起動し秒速で課金する「Azure Container Instances」発表

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig