「GitLab 9.2」リリース。1つのIssueに複数人をアサイン可能に、国際化対応を開始、Kubernetes環境へインストール対応など

2017年5月24日

ソースコード管理ツールとしてオープンソースで開発されているGitLabの最新版「GitLab 9.2」がリリースされました

fig

GitLab 9.2では、はじめて国際化対応のフレームワークが追加。有効性を確認するために一部のページのみスペイン語とドイツ語が用意されています。有効性が確認されれば、以降のバージョンからほかの言語も追加し、国際化を進めていくとのことです。国際化に協力するためのコントリビューションページも用意されました

また、GitLabのインストール環境として正式にKubernetesがサポートされました

インストールにはKubernetesのパッケージマネジメントツールである「Helm」を利用。Kubernetes環境によってスケーラビリティの実現が容易になっています。

有料版となるGitLab Enterprise Editionでは、1つのIssueに対して複数人をアサインできる「Multiple Assignees for Issues」が追加。アサインされた全員が同じ権限を持ち、同じように通知を受け取ることになります。

fig

そのほか追加された多数の機能については、GitLabのブログ「GitLab 9.2 Released with Multiple Assignees For Issues and Pipeline Schedules」を参照してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Git , GitLab , 開発ツール


次の記事
Cloudera、AWS上でPaaS「Cloudera Altus」提供を発表。ビッグデータの分析基盤をサービスとして提供

前の記事
AMD、サーバ向けプロセッサ「EPYC」発表。シングルソケットでXeonのデュアルソケットよりも高速と主張


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig