ワールドワイドのパブリッククラウド年間成長率は27.6%、アジア太平洋はもっとも成長率が高く、IaaS/PaaS/SaaSではPaaSが50%超の成長。2017年上半期、IDC

2017年11月13日

IDCは2017年上半期におけるクラウド市場の調査結果を発表。年間の市場成長率は28.6%、金額は6兆9520億円。アジア太平洋地域は最大の成長を示す。SaaSでは企業の戦略的システムもクラウド移行が検討されている。


調査会社のIDCは、グローバルにおけるパブリッククラウドの市場調査結果「[Worldwide Public Cloud Services Revenue Growth Remains Strong through the First Half of 2017, According to IDC」を発表しました。

2017年上半期におけるワールドワイドのパブリッククラウドの市場成長率は28.6%、金額は632億ドル(1ドル110円換算で6兆9520億円)。

地域別でもっとも成長率が高いのはアジア太平洋地域で、ワールドワイドにおける市場の11.5%、年間成長率が38.9%。中国が成長の牽引役で、55.6%もの年間成長率を見せています。

Worldwide Public Cloud Services Revenue Growth Remains Strong through the First Half of 2017, According to IDC

SaaSはクラウド市場最大の68.67%を占める

クラウドをIaaS、PaaS、Saasのレイヤ別に見てみると、もっとも大きな市場となっているのはSaaSで、クラウド市場全体の68.7%を占めています。

SaaSの成長率は22.9%。IDCのSaaS,Enterprise Applications, and Industry Cloudリサーチ担当バイスプレジデントのEric Newmark氏はSaaS市場について次のようにコメントしています。

Many companies have picked the low-hanging fruit, in terms of apps that could be easily moved to the cloud, and are now evaluating the migration of their next set of larger strategic systems (i.e. ERP, supply chain applications, etc.) to a SaaS model. These projects, coupled with companies' efforts to embrace digital transformation, will continue to fuel strong SaaS growth

多くの企業は成果を得やすい、つまりクラウドへ移行しやすいところから取り組みを始め、現在は次のステップとしてERPやサプライチェーンのような大規模で戦略的なシステムのSaaSへの移行を評価しているところだ。これらの取り組みは企業のデジタルトランスフォーメーションの取り組みと関連しており、SaaSの成長を引き続き牽引するだろう。

継続的に成長するIaaS

クラウド市場において次に大きいのがIaaS市場。全体の17.8%を占めおり、成長率は38.1%。

この市場はAmazon Web Services(AWS)がマーケットシェアおよび成長率のいずれもリードしているとIDC。

Growing interest from enterprises and continued investments by service providers has resulted in enhancements in the IaaS segment across multiple dimensions, including the range and granularity of IaaS offerings, value-added services available, and the broader partner ecosystem of services available to enable cloud adoption,

エンタープライズからの注目度の上昇とサービスプロバイダによる継続的な投資が、さまざまな次元におけるIaaSの拡張につながっています。それはIaaSのさまざまな粒度のサービス提供や、付加価値サービス、そして幅広いエコシステムなどによるクラウド利用の実現などです。

PaaSは50%を超える最大の成長率

PaaSは市場占有率こそ13.6%とIaaS、PaaS、SaaSの3つのなかではもっとも小さいものの、年間成長率では50.2%ともっとも高い値を示しています。

ここでも市場をリードしているのはAWS。もともとPaaSはアプリケーションの実行や開発のためのプラットフォームとして登場しましたが、多くのPaaSベンダがアプリケーションライフサイクル全体への対応に取り組んでいると、IDCのPaaSリサーチマネージャLarry Carvalho氏は指摘しています。

All vendors are modifying their solutions to bring automation into the entire application lifecycle, and developers are rewarding such vendors with higher than average gains."

すべての企業がアプリケーションライフサイクル全体を自動化するよう、自社のソリューションに変更を加えつつあります。そしてデベロッパーたちはそうしたベンダに平均以上の価値を見いだしつつあります。

 IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker, 1H17
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  調査結果


次の記事
Apache Kafkaがついにバージョン1.0に到達、オープンソース化から約7年。大量のデータを高速に収集できるメッセージ処理システム

前の記事
Google、クラウド内部のネットワーク機構をアップデート「Andromeda 2.1」に。レイテンシが40%改善し高速化


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig