[速報]SAPとマイクロソフトがクラウド連携強化。SAP HANAをAzureで展開。Office 365とConcurなどSaaSをシームレス統合。SAPPHIRE NOW 2016

2016年5月18日

SAPは同社の年次イベント「SAPPHIRE NOW 2016」を米フロリダ州オーランドで開催しています。

初日の基調講演には同社CEOのビル・マクダーモット(Bill McDermott)氏が登壇。ゲストにマイクロソフトCEOのサティア・ナデラ(Satya Nadella)氏を迎え、SAPとマイクロソフトがクラウドにおいて連携を強化すると発表しました

fig 昨年、不慮の事故で左目を失明したマクダーモット氏(左)はサングラス着用で登場。サティア・ナデラ氏(右)と握手

SAP S/4HANAを含むSAP HANAはMicrosoft Azureで動作保証され、SAP HANAのMicrosoft Azureでの展開に両社が協力して取り組むことなどが発表されました。

壇上に登場したサティア・ナデラ氏は、提携強化による顧客のメリットを次のように説明しました。

「私たちのハイパースケールクラウドを使えば、中国のデータセンターででインスタンスを起動して中国の法律に従って(SAP HANAを)運用することもできるし、ドイツのデータセンターで起動してドイツの法律に従って運用することもできる、こうした利点を両社の提携で得ることができる。

SuccessFactorsやConcurといったSAPの素晴らしいSaaSアプリケーションはOffice 365とシームレスに連携する。コミュニケーションとコラボレーションソフトウェアと業務ソフトウェアが連携すれば、それですべて済んでしまう。

さらにSAP Fioriで開発したモバイルアプリケーションは、Microsoft Intuneでマネジメントできる」

fig

Office 356とSAPの人事アプリケーションSuccessFactorsや経費精算アプリケーションConcurとの連携では、Concurで出張手続きをするとその行程が自動的にOutlookに反映され、SuccessFactorsで休暇申請をするとOutlookに入っているミーティングスケジュールがリスケジューリングされるデモンストレーションが紹介されました。

fig Outlookの画面に右ペインが現れ、Concurの出張申請をしているデモ画面

こうしたOffice 365とSAPのSaaSの統合は現在両社で作業中とのことです。

ナデラ氏とマクダーモット氏は「これは始まりに過ぎない」と話し、今後さらなる連携強化の可能性を示しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  HANA , Microsoft , Office , SaaS , SAP


次の記事
[速報]「Google Assistant」発表。状況を理解して人間と会話、アシスタント機能を提供。Google I/O 2016

前の記事
国内データセンター事業者は、建設コストの高止まりでデータセンターを新設する事業者とそれを借りる事業者に分化していく。IDC Japan


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig