マイクロソフト、オープンソースのPaaS基盤「Cloud Foundry」などを開発するPivotalへの投資に参加

2016年5月10日

オープンソースのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」の商用版ソフトウェアなどを開発しているPivotalは、シリーズC(三回目)の資金調達において、フォードとマイクロソフトが同社への新規投資を行ったと発表しました

Pivotal Announces Series C Financing to Fuel Continued Expansion and Meet Growing Customer Demand | Press Release | Pivotal

PivotalはVMwareとEMCからのスピンアウトとして設立された企業で、現在もEMC傘下にあります。トップは元VMwareCEOのポール・マリッツ氏です。

同社が開発元となり、現在はオープンソースとして開発されているPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」は、IBMのBluemixやNTTコミュニケーションズのCloudn PaaS、HP Helion Development Platformなど、すでに多くの実績を備えています。

これまで同社に投資をしてきたのはVMwareとEMC、GEの3社です。今回のシリーズCで、この3社に加えて自動車メーカーのフォードとマイクロソフトが新たに同社への投資家として加わりました。

このうちEMCとVMwareはPivotalの親会社であり、GEとFordはCloud Foundryの大口ユーザーです。

一方、マイクロソフトはMicrosoft Azureで独自のPaaSを提供しており、Cloud Foundryとは競合しているように見えます。なぜ同社はPivotalへの投資に加わったのでしょうか。

その答えは、プレスリリースの中でマイクロソフトのクラウドとエンタープライズ部門の席に社であるスコット・ガスリー氏のコメントに示されています。

“Our priority is ensuring that Microsoft Azure is the best place to run Java applications using Pivotal Cloud Foundry,”

私たちが優先するのは、Microsoft AzureがPivotal Cloud Foundryを用いてJavaを実行する最適なクラウドになることだ

すでにMicrosoft Azure上では昨年から、オープンソース版のCloud Foundryを正式にサポートしており、商用版となるPivotal Cloud Foundryもプレビュー版としてサポートを始めています。正式サポートが開始されるのもそう遠くないでしょう。

マイクロソフトは現在、同社のクラウド戦略として「Choice+Flexibility」(選択と柔軟性)を掲げています。Microsoft AzureはWindowsだけにこだわらず、あらゆる言語やOSにとって最適なプラットフォームとなろうとしている、というのがこの戦略の示すところです。そしてPivotalへの投資も、この戦略に沿って行われた、というわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Cloud Foundry , Microsoft , PaaS , Windows Azure , クラウド



≫次の記事
Amazonクラウドのシェアは30%超。引き続きマイクロソフト、IBM、Googleの合計シェアよりも大きい存在。Synergy Research Group
≪前の記事
Visual Studioに無料でXamarinが追加/Google Compute Engine、全世界のリージョンが同時にダウン/HTML5.1が9月に登場予定、ほか。2016年4月の人気記事

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig