国内データセンター市場規模、2016年は1兆953億円。2020年まで平均7%成長の見込み。クラウドとの接続が競争優位の要因に。IDC Japan

2016年12月7日

調査会社のIDC Japanは、国内データセンターサービスの市場予測を発表しました

同社によると、2016年の国内データセンターサービス市場は前年比6.7%増の1兆953億円となる見込み。2015年から2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は7.0%で順調に成長すると予測されています。

fig 国内データセンターサービス市場 売上額予測、2015年~2020年。Note: 2015年は実績値、2016年以降は予測。Source: IDC Japan, 12/2016

今回の調査では、国内DCサービス市場が以下の3つに分けて分析されています。

コロケーション:顧客が所有するIT機器を事業者データセンター内に設置して運用
クラウドデリバリー・ホスティング:クラウドサービスによって提供されるホスティング
従来型ホスティング:クラウドによらない、共用レンタルサーバーや専用サーバーなど

同社は2016年においては「コロケーション」が全体の55%を占め、次いで従来型ホスティングが23%、クラウドデリバリー・ホスティング」は22%を占める見込みとしています。

しかしクラウドデリバリー・ホスティング市場が急速に成長し、2017年には従来型ホスティングを上回る見込み。

クラウドデリバリー・ホスティング市場の2015年~2020年の年平均成長率は23.8%なのに対し、従来型ホスティング市場の同期間の年平均成長率はマイナス3.1%となると同社は予測しています。

こうしたクラウドへのシフトによって、国内データセンターサービス市場はクラウドと自社データセンターの相互接続性が競争優位の要因になると、同社リサーチマネージャの伊藤未明氏は説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  データセンター , 調査結果


次の記事
Dockerが分散ストレージのInfinitを買収。Dockerに欠けていた最後のピースであるストレージが埋まった

前の記事
「NetSuiteは永遠に続く」。オラクルが買収したNetSuiteは、グローバル化とバーティカルマーケットへの展開を推進


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig