Webデザイン用のオープンソースエディタ「Brackets 1.2」リリース。テキストのドラッグ&ドロップ対応、Windows高DPIサポートなど

2015年3月3日

アドビがオープンソースとして開発しているWebデザイン用のエディタ「Brackets」の最新版「Brackets 1.2」がリリースされました。

fig

BracketsはHTMLやCSS、JavaScriptなどを用いてWebデザインを行うことにフォーカスしたエディタです。上記のファイル以外にも、Bash、C、C++、Clojure、CoffeScript、Dart、Groovy、Java、Markdown、SQL、VBScriptなど35種類以上のさまざまなプログラミング言語、マークアップ言語に対応します。

上記画面で分かるように、メニューなど基本的な部分はすべて日本語化されています。

エディタは2つのファイルを同時に参照でき、HTMLのタグを認識し、入力補助なども行ってくれます。Nodeを内蔵しプレビュー時に起動できるため、Webサーバを経由したWebデザインのプレビューを参照可能。基本的なWebデザインのための機能は一通り揃えていると言っていいでしょう。

fig

Brackets 1.2ではテキストのドラッグ&ドロップ、Windows高DPI対応など

Bracket 1.2では新機能として、選択したテキストのドラッグ&ドロップの操作、CSS/LESS/SCSSでの名前付きカラー名のコードヒントの表示、SVGファイルでのタグ、属性、名前付きカラーのコードヒント表示、Windowsの高DPIディスプレイに対応し、自動的に高精細でのレンダリング表示などが説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Adobe , HTML5 , 開発ツール


次の記事
クラウドに分散して実行中のJavaコードをデバッグできる「Google Cloud Debugger」が、Compute Engineに対応

前の記事
組織内でGitを大規模に運用できる「Stash Data Center」正式版を提供開始、アトラシアン


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig