MySQL 5.7が正式公開。前バージョンより3倍高速、マルチソースレプリケーションなど。一方で新しい「罠」に対する警告も

2015年10月22日

米オラクルはオープンソースで開発されているデータベース「MySQL」の新版となる「MySQL 5.7」の正式公開を発表しました

Oracle Announces General Availability of MySQL 5.7

来週10月26日にはサンフランシスコで開催されるOracle OpenWorld 2015でMySQLのイベント「MySQL Central」が行われます。それに合わせて新バージョンのお披露目となりました。

MySQL 5.7の主な特長は次の通りです。

実行速度の向上
SysBenchのSysBench Read-only Point-Selectsの結果、1024コネクションでMySQL 5.7はMySQL 5.6の3倍となる160万クエリ/秒(QPS)の値を示しました。

InnoDBの新機能など
性能向上や並列度の向上に加え、オンライン状態での操作向上、Spatial Index、ネイティブパーティショニングなどの新機能が加わりました。

レプリケーションの強化
マルチソースレプリケーション、グローバルトランザクションアイデンティファイア(GTIDs)の拡張、マルチスレッド化されたスレーブによるスケーラビリティと可用性の向上など。

新しいネイティブJSONデータ型とJSON Function
スキーマレスデータを効果的かつ柔軟に保存、サーチ、操作が可能になり、新しい内部バイナリフォーマットにより、SQLとの統合が容易に。

こうした新機能の一方で、MySQL 5.7では約1年ごとにパスワードを変更することがデフォルト設定となるなど、新バージョンでの変更点に対する注意喚起も行われています。下記はその件で話題になった「MySQL 5.7の罠があなたを狙っている」というYAPC:Asia Tokyo 2015で行われたセッションのスライド(19ページ目)。

MySQL 5.7の罠があなたを狙っている from yoku0825

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : MySQL , Oracle , リレーショナルデータベース



≫次の記事
米HP、パブリッククラウドから撤退し、マネージドサービスと仮想プライベートクラウドへ注力。「HP Helion Public Cloud 」は来年1月で終了へ
≪前の記事
Western DigitalがSanDiskを買収、HDD大手とSSD大手が統合へ。SanDiskと東芝との合弁は継続

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus