「HTML5日本コミュニティグループ」をW3Cが設立。参加者募集中!

2015年1月19日

W3Cが「HTML5 Japanese Community Group」を設立し、参加者を募集しています。


W3Cは2009年12月に、HTML5について日本語で議論するW3Cのグループ「HTML5 Japanese Interest Group」を設立していましたが期限が切れ、それと入れ替わるように今回「HTML5 Japanese Community Group」の設立となっています。

「HTML5 Japanese Community Group」の共同議長である村上真雄氏に、メールで設立の経緯などをうかがいました。

W3C HTML5 Japanese Interest Groupを引き継ぐ形で

──── HTML5日本コミュニティグループ設立の経緯は?

村上氏 HTML5日本コミュニティグループの設立にいたった理由は、W3C HTML5 Japanese Interest Group(IG)のチャーター期間が切れて、それに対してW3C側と相談した結果、以下を鑑みてIG(Interest Group)に代わってCG(Community Group)を設立することとしました。

そこで、IGを引き継ぐ形でまた矢倉さん(新野注:Interest Groupの議長だった矢倉眞隆氏。村上氏もIGの共同議長だった)と私とで共同議長でCG設立となりました。MLも今までのIGのものを引き続き使うことになります。

また、同じく日本のHTML5コミュニティーであるhtml5jと、うまく連携ができるようにしたいと思っています。html5jがユーザーのコミュニティーであるのに対して、W3C HTML5JP CGは、HTML5関連仕様の標準化についてユーザーからの要望をもとに議論したりして、W3C標準化とユーザーコミュニティー(html5j)とをつなぐような役割かと思います。

──── どんな人に参加してほしいですか?

村上氏 W3C仕様について、最新の標準化動向を知りたい、日本語で議論して仕様への提案をしていきたいという人が参加してくれることを期待しています。

「HTML5」と名前はついてますが、より広くWeb標準技術(例えばWebアクセシビリティー、CSS、電子出版関連なども)のいろいろなテーマで活動できればと思っています。

──── ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , W3C



≫次の記事
「C#」登場15周年。マイクロソフトが「C丼」キャンペーンと、C#の15年を振り返る
≪前の記事
クラウド上でコードを実行できる「AWS Lambda」、誰でも利用可能に。限定プレビューが終了

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus