Herokuを任意のAmazon VPCに展開できる「Heroku Private Spaces」パブリックベータ公開。ついに東京リージョンのAmazon VPCでもHerokuが利用可能に

2015年9月11日

Herokuを任意のAmazon VPCに展開できる「Heroku Private Spaces」がパブリックベータとして公開されました

もちろん、Amazonクラウドの東京リージョンにも展開可能です。国内データセンターでついにHerokuの環境が実現することになります。

fig Heroku Private Spacesの紹介動画から。オプションの選択には東京リージョンの選択肢もある。赤線はPublickeyによる

Heroku Private Spacesは、これまでHeroku内部でマルチテナントとして提供されていた環境を、顧客ごとに分離されたプライベートクラウドに展開可能にしたもの。これまで以上に顧客ごとに分離された環境を実現できるため、より高いレベルでのセキュリティコントロールが実現されます。

「今後のロードマップでは、社内のイントラとHeroku Private Spacesをつなぐことで、イントラの延長としてのPaaSとしても使えるようになります」(米国Heroku Inc. ソリューションアーキテクト 相澤歩氏)

Heroku Private Spacesは、従来のHerokuが備えている機能、Dynosやデータサービス、Docker対応などはすべて備えており、動的なスケーリング、耐障害性、HerokuボタンやGit Pushによるデイプロイなどさまざまな機能も同じように利用可能。

エンタープライズ用途として活用されているAmazon VPCへHerokuが展開可能になることで、Herokuはエンタープライズ市場向けのPaaSとしてさらに存在感を増すことになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS , Heroku , PaaS


次の記事
クラウド専業SIerは従来のSIerとどこが違うのか? 夏サミ2015

前の記事
Apache Spark 1.5正式版がリリース。JavaVMのオーバーヘッドを改善する「Project Tungsten」で、さらに高速に


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig