Heroku Enterprise発表。エンタープライズの開発組織向けにダッシュボード、アクセスコントロール、30分以内のサポートなど

2015年2月23日

クラウド上ですぐに使える開発環境や実行環境を提供するPaaS(Platform as a Service)の代表的なサービスの1つHerokuが、エンタープライズの開発組織向けサービス「Heroku Enterprise」を発表しました

Heroku Enterprise

Heroku Enterpriseは、従来のHerokuが提供しているRuby on RailsやJava、Node.js、Python、PHPの開発環境とスケーラブルな実行環境、PostgreSQLをベースにしたデータベースサービス、GitHubとの連係、Buildpackによる環境のカスタマイズ、豊富なアドオンなどのすべてのサービスに加えて、エンタープライズで求められる、組織全体の開発者をまとめて管理できるダッシュボード、アクセスコントロール、エンタープライズ向けのサポートの3つが提供されると説明されています。

開発者一覧のダッシュボード

ダッシュボード機能では、Heroku上で開発している組織の開発者の一覧、アプリケーションごとのリソース消費量、全体のリソース消費量や先月との比較などが参照できるようになります。

fig

開発者ごとに権限を設定できるACL(アクセスコントロールリスト)機能も提供されます。マネージャ、デプロイ担当、運用担当など、担当ごとに権限を設定可能に。

fig

さらにエンタープライズ向けサポートとして、サポート要請に対して30分以内にレスポンスするとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Heroku , PaaS , クラウド



≫次の記事
Linux 4.0のリリース候補版が登場。3.20か4.0かを選ぶ投票の結果を受け、Linus Torvalds氏がバージョン4で行くと
≪前の記事
「Azure Machine Learning」が正式版に、PythonやRのライブラリにも対応。誰でも機械学習を利用可能に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig