マテリアルデザインに対応したAngularJS用UIフレームワーク「Angular Material 1.0」正式リリース

2015年12月22日

AngularJSでアプリケーションを開発する際に、マテリアルデザインに対応したユーザーインターフェイスの構築に使えるフレームワークが「Angular Material 1.0」として正式にリリースされました

Angular Materialは、ボタンやアイコン、メニュー、スライダーといった32個のコアコンポーネントを含み、グリッドレイアウトも可能。反応時のアニメーションやCSSによる配色、文字のスタイリングなどにも対応しています。

下記はボタンのサンプルの一部です。

fig

対応するAngularJSはバージョン1.3以降。対応するWebブラウザはChrome、Safari、FirefoxなどのモダンブラウザとInternet Explorer 11以降。Android 4.2以降とiOS 8以降にも対応します。

また、現在AngularJS 2に対応するAngular Material 2.xの開発も始めているとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AngularJS , JavaScript , UX



≫次の記事
仮想環境の構築ツール「Vagrant 1.8」リリース。リンククローン対応、スナップショット機能も搭載
≪前の記事
Chrome、バックグラウンドでデータを送受信する「Background Sync」APIが登場。ブラウザを閉じていてもデータ同期

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus