Androidアプリの統合開発環境、「Android Studio 2.0」プレビューが登場。開発中のコード変更が即反映される「Instant Run」エミュレータ搭載

2015年11月24日

米マウンテンビューで開催されたイベント「Android Dev Summit 2015」で、Androidアプリケーションの統合開発環境であるAndroid Studioの最新版「Android Studio 2.0」プレビュー版が公開されました

Android Studio 2.0では開発効率が大きく改善し、迅速にアプリケーションが開発できるようになっています。

fig

新しいエミュレータではデプロイの速度が高速化。

fig

エミュレータ画面は、ドラッグでサイズを変更でき、縦横(ポートレイトとランドスケープ)もその場でメニューから変更できます。

fig

最も注目すべきなのが「Instant Run」。これは開発中のアプリケーションをエミュレータで実行したまま、コードやリソースを変更すると、その変更が実行中のアプリケーションにそのまま反映されるというもの。一般的なAndroidアプリケーションであれば、1~2秒で反映されるとのことです。

fig

GPUプロファイラも搭載されるようになります。

fig

プレビュー版ではこれらの機能はまだいくつかの制限がありますが、今後のアップデートで対応していくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Android , モバイル , 開発環境



≫次の記事
ネットの3巨人、村井純氏、ティム・バーナーズ=リー氏、ヴィントン・サーフ氏が札幌で討論。W3CとIETFの協調を模索するべきではないか? W3C TPAC 2015
≪前の記事
Google、Android端末にインストールしていないアプリでも表示と操作を可能に。アプリケーションストリーミングをモバイル検索で試験中

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig