アップルの新言語「Swift」がバージョン1.0到達。Swift製アプリがApp Storeへ提出可能に

2014年9月11日

今年の6月にiOS/MacOS X向けの開発言語としてアップルから登場した新言語「Swift」。アップルのSwiftチームは9月9日付けのブログでSwiftがバージョン1.0に到達し、正式版になったことを発表しました

Swift Has Reached 1.0 - Swift Blog - Apple Developer

これにより、Swiftで開発されたアプリケーションがApp Storeへ提出可能になりました。Swiftチームのブログでは次のように書いています。

You can now submit your apps that use Swift to the App Store. Whether your app uses Swift for a small feature or a complete application, now is the time to share your app with the world. It’s your turn to excite everyone with your new creations.

Swiftを用いたアプリがApp Storeへ提出できるようになりました。Swiftを一部だけ使ったアプリであっても、アプリ全体で使っていたとしてもかまいません。あなたのアプリを世界に向けて公開するときが来たのです。今度はあなたが新しい創造によって、みんなをエキサイトさせる番です。

SwiftにはiOSをターゲットにしたSwift for iOSと、OS XをターゲットにしたSwift for OS Xの2つがありますが、今回正式バージョンになったのはSwift for iOS。Swift for OS Xは今年の秋に新OSのYosemite(コード名)が登場したときに正式版になる予定です。

Swiftチームのブログによると、今後もSwiftは拡張を続け、機能や性能の向上に取り組んでいくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Apple , モバイル



≫次の記事
Google Cloud SQLがリードレプリカに対応、プレビュー公開
≪前の記事
日本IBM、国内向けにクラウドマーケットプレイスを開始。IaaS、PaaS、SaaSを1カ所から調達

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus