Java 9の新機能(予定)がオラクルから早くも発表に

2014年8月20日

今年の3月にJava 8が正式公開され、次のJava 9はおそらく2年後の2016年に登場すると予想されますが、そのJava 9に搭載される予定の新機能がオラクルから発表されたとInfoQの記事「Oracle Announces First Java 9 Features」が報じています。

JEP 0: JEP Index

InfoQが報じたJava 9の新機能は、JDK Enhancement Proposals(JEP)のインデックスページの中からバージョン9の予定になっているものとしても見つけられるようです。主なものをリストアップしました。

HTTP 2 Client
HttpURLConnectionを置き換える予定で、HTTP 2.0とWebSocket対応

Light-Weight JSON API
RFC7159に準拠したJSONデータの生成と読み込みを行うライトウェイトAPIを提供する

Process API Updates
Java以外のプロセスとのやりとりをするAPIを強化

Segmented Code Cache
性能向上と将来の拡張のため、コンパイル済みコードのキャッシュを分割して保持する

Smart Java Compilation, Phase Two
Smart Javaコンパイラをさらに改善する

また、Java 8に入る予定で延期された、Project Jigsawと呼ばれるJDKのソースコードをモジュール化する「Modular Source Code」もJava 9で予定されています。

もちろん現在のところJava 9の新機能が確定しているわけではなく、これから議論と実装を経て固まっていくことになるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Java , Oracle



≫次の記事
マイクロソフト、社内システムをAzureへ移行。ただし重要なデータはオンプレミスに残す予定
≪前の記事
Google Compute Engine、サーバサイドからクライアントまでJavaScriptで開発できる「MEANスタック」のワンクリックデプロイ機能をサポート

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus