IBM、SoftLayerの東京データセンターを12月中旬に開設。サーバ1万5000台を用意

2014年11月12日

日本IBMは、同社のクラウドサービスであるSoftLayerの東京データセンターを12月中旬に開設すると発表しました。来日中のSoftLayer CEO Lance Crosby氏が記者会見で明らかにしました。

DSC07604

東京データセンターには1万5000台のサーバを準備しているとのこと。

IBMは今年1月、グローバルでクラウドのデータセンターを拡充するために12億ドルの投資を行うと発表、年内に日本をはじめ中国、香港、ロンドン、インド、カナダ、メキシコシティ、ダラスなど世界15カ所でデータセンターを開設する計画を立てていました。

今年2014年は、大手クラウドベンダ各社が相次いで日本にデータセンターを設置した年でした。2月にMicrosoft Azure、3月に日本オラクル(SaaS用の一部)、4月にSAP HANA Enterprise Cloud、7月にVMware vCloud Hybrid Service。また4月にはGoogleがアジア向けとして台湾にデータセンターを設置しています。そして今回の日本IBMによる東京データセンターの開設です。

すでにAmazonクラウドとセールスフォース・ドットコムは2011年に東京データセンターを開設していますので、これで主要なクラウドベンダーがすべて日本国内(もしくは周辺)にデータセンターを開設することになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IaaS , IBM , SoftLayer


次の記事
[速報]マイクロソフト、サーバサイドの「.NET Core Rutime」と「.NET Framework」のオープンソース化を発表。C#コンパイラやASP.NETなど

前の記事
Amazonクラウド、「AWS認定DevOpsエンジニア」の試験開始


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig