マイクロソフト、Webブラウザで動作するVisual Studio、コード名“Monaco”開発を表明

2013年11月14日

米マイクロソフトは、Webブラウザから利用可能な統合開発環境、コード名“Monaco”を開発中であるとオンラインイベント「Visual Studio Virtual Launch」で明らかにしました。

Monacoは軽量版のVisual Studioとして、デスクトップ版の補完的なものと位置づけられると説明されています。

fig

Monacoの開発をリードしているのは、Eclipseの生みの親の一人であり、オブジェクト指向におけるデザインパターンなどでも知られるErich Gamma氏。

fig

イベントではMonacoのプレビューが公開されました。左側のメニューから、ソースコードの参照、変更、検索、Gitによる管理も可能。ブラウザからコードを実行し、アウトプットを得ることも可能。

fig

コード入力時にはインテリセンスも働きます。

fig

JavaScriptとCSSを同時に参照しているところ

fig

モダンブラウザで稼働するようにできており、タブレットでも使えるとGamma氏。

fig

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , Microsoft , Visual Studio , 開発ツール



≫次の記事
Amazonクラウド、セキュリティを確保するためのAPIロギング「AWS CloudTrail」、デスクトップ仮想化「Amazon WorkSpaces」、モバイル向けストリーミング「Amazon AppStream」を相次いで発表。re:Invent 2013
≪前の記事
マイクロソフト、「Visual Studio 2013」と共に新しく「Visual Studio Online」を正式発表。5人まで無料

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus