マイクロソフト、「Visual Studio 2013」と共に新しく「Visual Studio Online」を正式発表。5人まで無料

2013年11月14日

米マイクロソフトは11月14日未明(日本時間)にオンラインイベント「Visual Studio Virtual Launch」を開催。統合開発ツールの「Visual Studio 2013」と、クラウドで提供する開発チーム向けのコラボレーションサービス「Visual Studio Online」を正式に発表しました。

fig Visual Studio 2013のローンチを発表する米マイクロソフト バイスプレジデントのS. Somasegar氏

Visual Studio 2013は統合開発環境で、デスクトップアプリケーションはもちろん、WebアプリケーションやWindows Server、Windows Azureアプリケーションの開発にも対応します。

Visual Studio Onlineを発表

同時に発表されたのがVisual Studio Onlineです。これはチーム開発のためのコラボレーション機能を提供するもので、Windows Azure上で稼働するサービスとして提供されます。

ソースコードのバージョン管理、自動ビルドやテスト、メンバーの作業項目の管理などの機能を提供するほか、Visual Studioと組み合わせて、アプリケーションのデプロイや運用管理を含むアプリケーションのライフサイクル全体をサポートします。

fig

Visual Studio Onlineは基本的なソースコード管理や作業項目の管理、ビルド状況などのたプロジェクトのステータス参照などはWebブラウザから利用できます。さらにVisual Studioの設定をすべてVisual Studio Online側で保持することができるため、別マシンにVisual Studioをインストールしたとしても、すぐに同じ環境で開発を継続することが可能。

fig

5人以下のチームでの利用は無償。無償で提供されているVisual Studio Express 2013 for Windows DesktopやVisual Studio Express 2013 for Webなどとも組み合わせられるのはもちろん、EclipseやXcodeなどとも組み合わせてチーム開発基盤として利用可能です。

Visual Studio OnlineはこれまでTeam Foundation Serviceと呼ばれていたもので、基本的にはパッケージ版のTeam Foundation Serverと同じ機能を提供します。2013へのバージョンアップにあわせて有償版の料金体系が発表され、名称をVisual Studio Onlineとして正式ローンチとなりました。すでに英語版は申し込み可能になっています

fig

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Microsoft , SaaS , Visual Studio , クラウド , 開発ツール



≫次の記事
マイクロソフト、Webブラウザで動作するVisual Studio、コード名“Monaco”開発を表明
≪前の記事
PR:スケーラブルなECサイトの裏側で起きていること。クロスワープのECプラットフォームのケース

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus