Spring Framework 4.0は9月登場予定のJava 8対応。Spring Sourceが方針を発表

2013年1月25日

主要なJavaフレームワークの1つであり、Pojo(Plan Old Java Object)やDI(Dependency Injection)といった技術が注目されるきっかけの1つでもあったSpring Frameworkの次バージョン「Spring Framework 4.0」は、今年9月にリリース予定のJava 8対応になることなどを、開発元のSpring Sourceが明らかにしました

Next Stop: Spring Framework 4.0 | SpringSource Team Blog

Spring Framework 4.0のおもな特徴は、以下のようになるとのことです(日本語訳したらかえって分かりにくくなってしまったので、原文のまま引用します)。

ざっと読むと、ラムダ式のようなJava 8の機能に対応し、設定や実装にGroovy 2を全面的に採用。Java EE 7の主要な技術であるJMS、JPAなどにも対応するし、WebSocketもサポートする、といったところでしょうか。

4月には最初のマイルストーンが出る予定

Java 8は、予定では今月末にフィーチャーコンプリート。7月にリリース候補ファイナル版、9月に正式版が登場する予定で、Spring Framework 4.0もこれをにらみながら開発することになるようです。Springのブログには次のように記述されています。

We'll be tracking OpenJDK 8's schedule closely, delivering a first Spring Framework 4.0 milestone as early as April. Details will follow in further blog posts as we get closer to M1.

Spring Framework 4.0の最初のマイルストーンを4月の早い時期には提供できるよう、OpenJDK 8のスケジュールを注視していくつもりだ。詳細についてはそのマイルストーンが近づいてきたらまたブログに書こう。

Spring Framework 4.0は、創始者であるロッド・ジョンソン氏がSpring Sourceを抜けてから最初の大きなバージョンアップになるはずです。Java EEもSpringの成功を見習って軽量化やシンプル化を進めている中でどのように受け入れられるのか、注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

タグ :

≫次の記事
CAP定理を見直す。“CAPの3つから2つを選ぶ”という説明はミスリーディングだった
≪前の記事
「ネットワーク機器は無償で置いておくので、使った分だけお金を払っていただければ。あ、機器管理はウチでチェックしてます」 IIJがネットワーク機器で富山の薬売りモデル開始

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


新サイト「Publickey Topics」始めました!


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed





アクセスランキング - 過去7日間

  1. [速報]IBMとマイクロソフトがクラウドで協業を発表。WebSphereやDB2がAzureで、.NETランタイムがBluemixで利用可能に。協業の意味を分析する
  2. Amazonクラウド、ディレクトリサービス「AWS Direcrory Service」開始。Smabaベース、Active Directory対応
  3. Docker 1.3リリース、電子署名付きDockerイメージ、コンテナのプロビジョニング、Mac OSとのディレクトリ共有などの新機能
  4. IBM、半導体事業の売却後もPOWER Systemsなどサーバビジネスは変わらず継続。サーバの設計、研究開発や半導体の基礎研究なども進めると
  5. 「Windows ServerがDockerを採用する」とはどういうことなのか
  6. マイクロソフト、オンプレミス用Azureとなる垂直統合システム「Cloud Platform System」発表。デルのサーバで11月発売
  7. マイクロソフトの最新データセンター事情。リージョンあたり16棟のデータセンターと60万台のサーバ
  8. Amazonクラウド、ディレクトリサービス「AWS Direcrory Service」開始。Sambaベース、Active Directory対応
  9. IBMがSoftLayerを買収して約1年。あれからSoftLayerは変わったのか? CTOに聞く
  10. VMware/Cisco/EMCが合弁で設立したVCE、EMCの傘下に
  11. Google、モバイルBaaSのFirebaseを買収、クラウドに統合へ。モバイルアプリのオフライン対応、リアクティブプログラミングなどを実現
  12. 「パブリッククラウドで最大の仮想マシン」、Azureが最大32物理コア、450GBメモリ、6.5TB SSDの仮想マシン「Gファミリー」と、IOPSが5万以上/レイテンシ1ミリ秒以下の「プレミアムストレージ」を発表
  13. 「ビジネスプロセス上の労働者が半分になる」「アルゴリズムによって考案された破壊的ビジネスの登場」、2020年までにITが引き起こすビジネスの変化トップ10をガートナーが発表
  14. 「クラウドでオラクルは勝ち残っていきますよ」、エリソン氏直属のチーフコーポレートアーキテクトに、OpenStack採用とクラウド戦略を聞く
  15. Microsoft AzureでDocker専用LinuxのCoreOSサポートを発表、マイクロソフト

Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus