Spring Framework 4.0は9月登場予定のJava 8対応。Spring Sourceが方針を発表

2013年1月25日

主要なJavaフレームワークの1つであり、Pojo(Plan Old Java Object)やDI(Dependency Injection)といった技術が注目されるきっかけの1つでもあったSpring Frameworkの次バージョン「Spring Framework 4.0」は、今年9月にリリース予定のJava 8対応になることなどを、開発元のSpring Sourceが明らかにしました

Next Stop: Spring Framework 4.0 | SpringSource Team Blog

Spring Framework 4.0のおもな特徴は、以下のようになるとのことです(日本語訳したらかえって分かりにくくなってしまったので、原文のまま引用します)。

ざっと読むと、ラムダ式のようなJava 8の機能に対応し、設定や実装にGroovy 2を全面的に採用。Java EE 7の主要な技術であるJMS、JPAなどにも対応するし、WebSocketもサポートする、といったところでしょうか。

4月には最初のマイルストーンが出る予定

Java 8は、予定では今月末にフィーチャーコンプリート。7月にリリース候補ファイナル版、9月に正式版が登場する予定で、Spring Framework 4.0もこれをにらみながら開発することになるようです。Springのブログには次のように記述されています。

We'll be tracking OpenJDK 8's schedule closely, delivering a first Spring Framework 4.0 milestone as early as April. Details will follow in further blog posts as we get closer to M1.

Spring Framework 4.0の最初のマイルストーンを4月の早い時期には提供できるよう、OpenJDK 8のスケジュールを注視していくつもりだ。詳細についてはそのマイルストーンが近づいてきたらまたブログに書こう。

Spring Framework 4.0は、創始者であるロッド・ジョンソン氏がSpring Sourceを抜けてから最初の大きなバージョンアップになるはずです。Java EEもSpringの成功を見習って軽量化やシンプル化を進めている中でどのように受け入れられるのか、注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

タグ :

≫次の記事
CAP定理を見直す。“CAPの3つから2つを選ぶ”という説明はミスリーディングだった
≪前の記事
「ネットワーク機器は無償で置いておくので、使った分だけお金を払っていただければ。あ、機器管理はウチでチェックしてます」 IIJがネットワーク機器で富山の薬売りモデル開始

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


新サイト「Publickey Topics」始めました!


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed





アクセスランキング - 過去7日間

  1. IT系企業の平均給与を業種別にみてみた 2014年版 ~ ネットベンチャー、ソーシャル、ゲーム編
  2. IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた 2014年版 ~ パッケージベンダ、SIer、ホスティング企業編
  3. マイクロソフトがGitHubに登場。TypeScriptのプロジェクトをCodeplexからGitHubへ移行
  4. Amazon RDS for PostgreSQLが正式サービスへ。SLAで可用性99.95%を約束
  5. IaaSとPaaSの国内成長率は前年比51%増、2014年の市場規模は916億円。3年後には2倍以上に。矢野経済研究所
  6. IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた 2013年版 ~ パッケージベンダ、SIer、ホスティング企業編
  7. IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた 2013年版 ~ ネットベンチャー、ソーシャル、モバイル編
  8. 欧SAPがCloud FoundryとOpenStackに参加、それぞれのスポンサーに
  9. Docker専用の軽量Linux「CoreOS」がついに安定版リリース。AWS、Google Compute Engine、さくらのクラウドなどで利用可能に
  10. 今からでも間に合うDockerの基礎。コンテナとは何か、Dockerfileとは何か。Docker Meetup Tokyo #2
  11. Amazonクラウド、「AWSマネージメントコンソール」日本語版プレビュー発表
  12. 最近よく目にする「フルスタックエンジニア」とは何だろうか?
  13. RHEL互換の「CentOS 7」公開。インストール不要で起動するDockerイメージやクラウド用イメージでの提供も予定
  14. インフラ自動化ツールのChefもDocker対応へ。「Chef Container」ベータ版発表
  15. 日本は主要クラウドベンダーの激戦区に。AWS、Salesforceに続きAzure、SAP、IBMなどが国内データセンターを相次いで設置。VMwareも国内データセンターでパブリッククラウド参入

Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus