Red Hat Enterprise Linux 7のβ版公開。コンテナ型仮想化搭載、標準データベースはMariaDBへ

2013年12月17日

米Red HatはRed Hat Enterprise Linux 7のベータ版の公開を発表しました。Red Hatはここ数年、OpenShiftやOpenStackなどクラウド関連のソフトウェアに注力しており、Red Hat Enterprise Linux 7もクラウドでの運用を意識した機能が組み込まれています。

Red Hat | Red Hat Announces Availability of Red Hat Enterprise Linux 7 Beta

プレスリリースでは、Red Hat Enterprise Linux 7のデザイン方針が以下のように示されています。

Red Hat Enterprise Linux 7 is designed to provide the underpinning for future application architectures while and providing the flexibility, scalability, and performance needed to deploy across bare metal, virtual machines, and cloud infrastructure.

Red Hat Enterprise Linux 7は、将来のアプリケーションアーキテクチャの土台を提供すると同時に、ベアメタル、仮想マシン、そしてクラウド基盤などへの展開に必要な柔軟性、スケーラビリティ、性能を提供してくよう、デザインされました。

Linuxコンテナ搭載、MariaDBが標準に

Red Hat Enterprise Linux 7で注目されるポイントは2つ、1つはLinuxコンテナによるコンテナ型仮想化機能の搭載。そして標準データベースがMySQLからMariaDBになったことでしょう。

コンテナ型仮想化はDockerによって非常に注目されている技術です。ハイパーバイザによる物理サーバのエミュレーションとは異なり、OS上に分離された複数のユーザー空間を作り出すことによって仮想サーバを実現するため、軽量で効率良く動作するなどの利点があります。

Red Hat Enterprise Linux 7では、Linux ContainersをベースにNamespaces、cgroup、SELinuxを組み合わせ実装されています(Dockerをそのまま載せたのではないようです)。

標準のデータベースは、これまで採用されていたMySQLに代わりMariaDBが採用されました。これはFedora 19で行われたMariaDBへの移行がそのままRed Hat Enterprise Linux 7に引き継がれた形です。

そのほか新機能として性能最適化機能の向上、旧バージョンからのインプレースアップグレード、ネットワーク性能向上および40GBイーサネットへの対応、ファイルシステムのデフォルトに500TBまでサポートするXFSを採用、大規模なスケールのストレージ対応、Windowsとの相互運用改善などが含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Linux , MariaDB , Red Hat , オープンソース , 仮想化



≫次の記事
AngularJS、次バージョンの1.3ではIE8をサポートしない予定
≪前の記事
米オラクル、新型データベースマシン「Exadata X4」発表。最大192コア、4TBメモリ、45TBフラッシュ、40Gb/sInfiniBand

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig