モバイル向けBaaS「Kiiクラウド」正式版の提供開始。ユーザー認証、オブジェクトストレージなど。ストレージ1GB、100万コールまで無料

2013年2月8日

モバイルアプリケーションのバックエンド機能として、ユーザー認証やオブジェクトストアなどの機能を提供する、BaaS(Backend as a Service)型クラウド「Kiiクラウド」を、Kiiが日本と米国で正式サービスとして開始しました

提供される機能は、ユーザー認証、デバイス認証、オブジェクトストレージ、ファイルストレージ、ファイルシンク、ユーザーの行動分析、アドネットワーク最適化など。Android、iOS、JavaScriptなどのクライアントアプリケーションから利用できるようになっています。

モバイルアプリケーションのためのバックエンドの機能があらかじめ用意されているため、開発者はクライアント部分の開発に注力でき、運用開始後もサーバの運用やユーザー数の変動によるサーバのスケーラビリティに気を使わずに済む、などの点がメリットといえます。

BaaSは海外ではParseKinveyStackMobAppcelerator Cloud ServicesWindows Azure Mobile Servicesなどさまざまなサービスがすでに提供されています。日本ではappiariesが昨年正式公開を発表したばかりです。

ストレージ1GB、100万コールまでは無料

Kiiクラウドの価格は、1カ月あたり100万コール、ストレージ1GB、100万プッシュ通知までは無料で、超過分は課金されるFREEプラン。1カ月あたり1500万コール、ストレージ20GB、500万プッシュ通知までが月199ドルで、超過分は課金されるSTANDARDプランが用意されています。また、要望に応じた価格のカスタマイズも可能。分析機能は別料金になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  BaaS , モバイル


次の記事
Amazon S3互換分散オブジェクトストレージのBashoが国内本格展開。CEOとアーキテクトに聞く

前の記事
企業向けのモバイルアプリは、2016年までに過半数がHTML5を用いたハイブリッドアプリになる。ガートナー


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig