オバマ大統領の再選を勝ち取ったITチームは、どんなメンバーで構成されていたのか?

2012年11月14日

2012年のアメリカ大統領選挙は、バラク・オバマ現職大統領の勝利に終わりました。アメリカ大統領選挙とは、いわば米国でもっとも巨大なマーケティングキャンペーンであり、明確な期限があり失敗できないプロジェクトの1つです。

Obama Wins: How Chicago's Data-Driven Campaign Triumphed | TIME.com

今回のオバマ氏のキャンペーンで話題になったのは、ITの活用とその効果でした。

詳細を報じたTIME誌の記事「Inside the Secret World of the Data Crunchers Who Helped Obama Win」によると、オバマ氏の地元シカゴに置かれた選挙対策本部にある「The Cave」と呼ばれる部屋では、効果的な手を打つために各州の有権者のデータを統合、その嗜好や動向を把握、分析。その結果ジョージ・クルーニー氏の影響力が高いと判断して彼による食事会を設けて資金集めに成功したり、スイングステート呼ばれ、勝敗の鍵を握る激戦州での選挙結果をさまざまなシナリオを想定して毎晩6万6000回もシミュレートする、といったことが行われていたそうです。

もちろんオバマ氏が大統領となった2008年の選挙で話題になったFacebookの活用など、ソーシャルメディアによる有権者との交流はさらに進化しており、Tumblrを中心とした画像や動画の共有、オバマ氏自身のツイートなど活発に行われました。

そのオバマ氏の選挙を支えたITチームとはどのようなメンバーで構成されていたのでしょうか。肩書きと仕事の内容、そして彼らの経歴を見ていくと、今回のキャンペーンでITチームが果たした役割がいかに緻密なもので、しかも先進的な取り組みであったかが見えてきます。

Obama for America 2012 Campaign Organization

ここでは、2005年から独自の選挙情報を提供してきたWebサイト「Democracy in Action」の「Key People-President Barack Obama」でまとめられている、Obama for Americaの組織構成をベースに、Mother Jonesの記事「Meet Obama's Digital Gurus」、前述のTIMEの記事、そして主要メンバーのFacebookやLinkdIn、Twitterなどの情報を組み合わせて、オバマ氏の選挙戦を支えてきたIT関連の3つのチーム、「ニューメディア」「テクノロジー」「データ」がどういったメンバーで構成されていたのかをまとめてみました。

この3つのチームに所属していた人たちの肩書きをざっと眺めるだけでも、新しい肩書きや仕事の発見がありますし、どのようにチームが形成されていたかが想像できます。これから新しいチームを構成する際に参考になるのではないでしょうか(その一方で、日本の選挙事務所がこうしたチームを組むようになる日が来るのだろうかと思わされますが、それはPublickeyの話題ではないので置いておきます……)。

ニューメディア担当チーム

このチームが担当したニューメディアとは、オンライン上のソーシャルメディア、動画投稿サイト、写真投稿サイトなどのことを指します。オンラインでオバマ氏のブランディングをいかに高め、有権者とのエンゲージメントを作り上げていくかがミッションでした。

チーム構成を見ると、従来のインターネット広告やSEO/SEM担当、ソーシャル担当と同じチームにデザイン、ビデオといった担当がいて、それらをブランディングのプロフェッショナルがまとめているというスタイルになっているようです。組織化(Organizing)担当が、おそらくソーシャルメディアを使った有権者へのエンゲージメントを担当しているのでしょう。インバウンドライター、メールライターまで抱えている点が注目ですね。

組織化担当

ビデオ担当

デザイン/制作担当

インターネット広告担当

サーチエンジンマーケター

分析担当

その他

テクノロジー担当チーム

テクノロジー担当チームは、オバマ氏のキャンペーンに必要なシステムやソフトウェアの調達や開発、構築、運用などを担当していました。いわゆる一般的な意味でのIT部門がここに当たります。

このチームではソフトウェアエンジニアが多数いるのは当然として、UXの肩書きを持つメンバーが多数いる点が目を引きます。DevOps担当がいるのも面白いですね。

データ担当チーム

データ担当チームは、ビッグデータの収集管理と分析をミッションとしています。このチームで興味深いのは、責任者のDaniel Wagner氏が弱冠29歳と若い一方で、おそらく中心人物であろうチーフサイエンティストのRayid Ghani氏がカーネギーメロン大学で機械学習を専攻し、アクセンチュアテクノロジーラボに在籍というハイスペックな経歴を備えているところです。高度な分析を実現するには、こうしたアカデミックな戦力が重要になってくるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : ビッグデータ , 働き方



≫次の記事
Amazon S3から自動的に安価なAmazon Glacierへアーカイブする新機能が登場
≪前の記事
オラクルがEngine Yardに出資。Oracle CloudでRuby、PHP、Node.jsのPaaS実現へ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus