Fusion-ioの新フラッシュドライブ「ioDrive2」国内で販売開始。PCIeカードたった1枚で2.4TB、86万IOPSのストレージ

2012年3月14日

Fusion-io東京エレクトロンデバイスは、PCIeスロットに接続する高速なサーバ内蔵型フラッシュストレージの新型となる「ioDrive2」「ioDrive2 Duo」の国内販売を開始すると発表しました。東京エレクトロンデバイスによると、価格はおおよそ70万円から。

fig ioDrive2はロープロファイルPCI Expressのフォームファクタ、最大容量1.2TB。読み取りIOPSが最大で44万3000。ioDrive2 DuoはフルハイトPCI Expressのフォームファクタ、最大容量2.4TB。読み取りIOPSが最大86万6000

新型は性能を2倍、単価は3割減

Fusion-ioが開発したサーバ内蔵型のPCIe接続によるフラッシュストレージは、従来のSANやNASはもちろん、SATA、SASなどのディスクインターフェイスに接続したハードディスクによるストレージと比較して飛躍的に高速で、かつ高密度大容量、低消費電力という特徴を備えています。

今回販売を開始した「ioDrive2」は、従来の製品と比較して性能を約2倍に、単価約3割減を実現。同社の創業者で最高経営責任者兼会長のデイビット・A・フリン氏は今回の製品の技術的背景を次のように説明しています。

「高密度の最新NANDチップを利用したおかげで、高密度で低コストを実現した。一方で新しいNANDチップは速度が低下し、信頼性も下がっている。0と1の違いは、わずか10個程度の電子でしかない。この遅くて信頼性が下がったNANDチップを用いながら、コントローラとソフトウェアよって高性能、高信頼性を実現したことが今回最大のポイントだ」(フリン会長)

fig 記者発表会場は、六本木ミッドタウンのリッツカールトンホテルという豪華さ

PCIe接続のサーバ内蔵型フラッシュストレージ市場は同社がほぼ単独で切り拓いてきましたが、先月にはストレージ最大手のEMCが参入を発表するなど、競合が始まろうとしています。同社はどうやって立ち回っていくのでしょうか。フリン会長はこう答えています。

「テクノロジーの世界で立ち止まることはできない、我々はより安価なNANDチップを使って高速で高信頼性を実現するというイノベーションを早期に実現した。これは優れたエンジニアチームがいたからだ。大事なのはより早くイノベーションを起こすことだ。競合の製品は、われわれの製品と同じようなものに見えるかもしれないが、彼らは古い世代のNANDチップや1セルあたり1ビットしか記憶できないタイプを使っている」(フリン会長)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : SSD , ストレージ



≫次の記事
モバイルに最適化した5kBのJavaScriptフレームワーク「jqMobi」が正式版公開
≪前の記事
クラウドの中の人ライトニングトーク23連発(後編)~第五回 クラウドごった煮

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig