クラウド構築のための「OpenStack」、商用ディストリビューションをシトリックスが発表「Project Olympus」

2011年5月30日

クラウド事業者がIaaSを構築することを目標としてオープンソースで開発が進められている「OpenStack」の商用ディストリビューションを、米シトリックス・システムズが「Project Olympus」として進めることが発表されました。

Citrix Systems » Citrix Broadens Footprint in Cloud Infrastructure Market with “Project Olympus”

Project Olympusは、同社の仮想化ハイパーバイザ―であるXenServerをクラウド向けに最適化したバージョンと、IaaS基盤を構築するOpenStackにより構成されています。ただし、Project Olympus版OpenStackも、VMwareやHyper-Vなど他社のハイパーバイザにも対応するオープンさは保証されるとのこと。

またパブリッククラウドだけでなく、プライベートクラウドの構築にも適したものになるとしています。

シトリックスがIaaS基盤ソフトウェアを提供する目的は?

シトリックスはデスクトップ仮想化の分野でリードする企業です。同社はなぜクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の商用ディストリビューション「Project Olympus」に乗り出すのでしょうか?

もちろん、今後拡大が予想されるパブリッククラウド、プライベートクラウドの基盤ソフトウェア市場に進出したいというのが1つ目の理由でしょう。同社は仮想化ハイパーバイザのXenServerを製品として提供しています。このXenServerはオープンソースのXenを基にしていることから、同じくオープンソースであるOpenStackを基にしてクラウド基盤ソフトウェアに乗り出すのは、ある意味で戦略の整合性がとれていると見ることができます。

と同時に同社は、マルチベンダーに対応するオープンな戦略を掲げています。例えば同社の主力商品であるデスクトップ仮想化製品群のXenDesktopは、XenServerに対応していることはもちろんですが、VMware ESXやマイクロソフトのHyper-Vにも対応しています。

同社はProject Olympusの発表と同時に、クラウド関連ツールの「NetScaler Cloud Bridge」「NetScaler Cloud Gateway」などを発表しています。こうしたクラウド関連ツールは、さまざまなプライベートクラウド、パブリッククラウドをサポートすることになるはずですが、そのときにリファレンスとなるクラウド実装として、あるいは最も相性がよく機能を発揮できるクラウド実装として自社のPloject Olympusを用いることになるのではないか、と考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Citrix , オープンソース , クラウド



≫次の記事
さよなら、僕が知っていたイーサネット
≪前の記事
HTML5と関連仕様がラストコール(最終草案)となる。W3Cが幅広いレビューを募集

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig