インテル、グーグルと提携。IAベースのAndroidを2012年前半に出荷。IDF2011

2011年9月15日

インテルは、サンフランシスコでIntel Developer Forum 2011初日(日本時間9月14日未明)の基調講演で、グーグルとの提携を発表。Androidの今後のリリースにおいてIntelアーキテクチャへの最適化が行われることを明らかにしました。

基調講演から、グーグルとの提携発表を紹介します。

Intelアーキテクチャに最新のAndroidを搭載

インテルCEO ポール・オッテリーニ氏(Paul Otellini)氏。

過去数年、インテルはスマートフォンのシリコンシステムデザインについて学んできた。その目標は、インテルアーキテクチャをスマートフォンのプラットフォームの1つにすることである。これはシンプルな目標だが簡単なことではない。

今日はその目標への大きな一歩を発表できることをうれしく思う。

実は、この基調講演ではIntelアーキテクチャのプロセッサに最新のAndroidを搭載したデバイスをデモに使った。

fig

われわれの顧客がスキンなどを開発するためのリファレンスデザインとして提供される。これは、Intelベースのスマートフォンを2012年前半に出荷するという約束に向けた、非常に大きな前進だ。

もう1つ発表がある。グーグルとのデベロップメントパートナーシップの締結だ。

グーグルでモバイル部門シニアバイスプレジデント アンディ・ルービン(Andy Rubin)氏登場。

fig

これまでグーグルとインテルは、データセンターやグーグルTV、Chrome OSなどで協業してきた。そしてSmartフォンデザインチームとAndroidでの協業ができて大変嬉しく思う。(インテル オッテリーニ氏)

戦略提携によって、Androidを将来のリリースにわたってIntelアーキテクチャに最適化する。非常に楽しみにしている。(グーグル ルービン氏)

fig

IDF2011

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Android , Google , Intel , モバイル



≫次の記事
マイクロソフトとインテル、重なった基調講演で語られなかったこと
≪前の記事
インテル、2013年の「Haswell」で丸1日充電不要のノートPCを実現へ。IDF2011

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus