HTML5アプリをモバイルアプリに変換するPhoneGapが1.3にバージョンアップ。Windows Phone 7対応の強化など

2011年12月22日

HTML5、CSS、JavaScriptなどのWeb標準の技術で作成したモバイルアプリケーションを、iPhoneやAndroidなどのデバイスにインストール可能なネイティブアプリケーションへと変換する「PhoneGap」の最新バージョンの「PhoneGap 1.3」がリリースされました。

PhoneGap 1.3 Released « PhoneGap

PhoneGap 1.3では主にWindows Phone 7のサポートを強化し、加速度計、コンパス、カメラなどのネイティブな機能がすべて利用可能になりました。また、BlackBerry向けアプリの開発がMacOS上で可能になっています。

以下がPhoneGap 1.3で対応しているネイティブ機能の一覧です

fig

PhoneGap:Buildも1.3にバージョンアップ

PhoneGapはオープンソースで開発されており、無料でダウンロードして利用できます。ただし、ネイティブアプリの生成にはPhoneGapと同時に各モバイルデバイス向けのSDKのインストールが必要になります。

開発元のNitobiはPhoneGapを用いたネイティブアプリの生成をサービスとして提供する「PhoneGap:Build」も提供しており、これを利用すると開発者は手もとにPhoneGapやSDKなどをインストールする必要がありません。PhoneGap 1.3のリリースと同時にPhoneGap:Buildも1.3にバージョンアップしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , JavaScript , モバイル



≫次の記事
連載マンガ:Mr. Admin「なぜ大事なメールを読んでくれないの?」
≪前の記事
これからのデータセンターは熱くてサウナみたいになる! と、インテル

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus